ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 パインハーストR & CC(ノースカロライナ州)

今日の日本人選手/2006年の出場資格を掴んだのは・・・今田竜二!

全米オープン最終日

日本勢3人が、上位15位以内という来年の「全米オープン」出場資格を狙って挑んだ最終ラウンド。その筆頭と思われた6オーバー21位スタートの深堀圭一郎は大きくスコアを崩した。代わって上位に浮上してきたのは、2000年大会以来2度目の出場となった今田竜二だった。

スタートの1番ホールで10メートルのバーディパットを沈めた今田は、3番ホールでボギーを叩くなどバーディ、ボギーと出入りの激しいゴルフを展開。16番で5つ目のバーディを奪いスタート時の8オーバーに戻したが、17番で6つ目のボギーを叩き通算9オーバーでフィニッシュ。この時点では17位だったが、後続のプレーヤーがスコアを落とし15位に浮上!2006年大会の出場資格を掴んだ。

7オーバー26位からスタートした丸山茂樹は、1番ホールでダブルボギー、2、5番でもボギーを叩きスコアを崩した。後半は10番、そして最終18番でバーディを奪ったが、4日間で最も悪い「75」。通算12オーバーの33位で今年2つ目のメジャー大会を終えた。

そして、2日目には3ストローク伸ばし1オーバー10位まで浮上していた深堀は、3日目に5ストローク落としたが21位で踏ん張っていた。ところが最終日はボギーを10個叩き、通算16オーバーで57位フィニッシュ。決勝ラウンド2日間でバーディを1つも奪うことが出来なかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。