ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

羽川豊の全米オープン生レポート/タイガーが“見事”な予選落ち!最大のポイントは4番の3パット

全米オープン2日目

歴史的なラウンドを目撃しました。プロ入り後はもちろん、アマチュア時代も含めて39試合、10年間に渡りメジャーでの予選通過をしてきたタイガー・ウッズが、その記録をストップさせました。大会前、準備はできていると言っていたタイガーですが、目には見えない部分が仕上がっていなかったようです。練習場では調子が悪いように見えませんでしたが、コースに出るとドライバーショットが左に曲がっていました。アドレスで構えた肩のラインから10ヤード以上左に曲げる場面もありましたね。その影響でアイアンショットも乱れ、パッティングもリズムがつかめなかったようです。

予選落ちの最大のポイントは4番ホールの3パットでしょう。インコースからスタートしたタイガーは、18番から3番までピンチを凌ぎ、4番ではこの日3度目のフェアウェイキープをしました。2打目をピンそばにつけたかったのですが、アイアンショットはこすり球でグリーン右端にオン。10メートル級のバーディパットでしたが、これを1ピン以上オーバーしてしまいました。今までのタイガーには決してなかった大きなパッティングのミスです。さらに返しのパーパットを外しボギーになったのですが、もしここでバーディを取っていれば・・・。

<< 下に続く >>

日本勢ですが、正直予想通りの結果です。片山晋呉くんなど決して他の選手より劣っているわけではありません。このようなコースセッティングに慣れていないだけなんです。日本にはない芝、傾斜などに、経験が少ないため対応ができていないだけなんです。今回唯一予選を通過した今田竜二くんは、長年米国でゴルフをしているので、他の日本選手よりも慣れていたのです。

タイガーが姿を消し、日本勢も今田くんしか残っていないので少し寂しい気もしますが、上位ではフィル・ミケルソンジム・フューリックなど実力ある選手が残っています。残り2日間、まだまだ我慢比べは続きますが、最後までフェアウェイキープに徹した選手が勝利を収めるでしょう。明日は最終組を中心にチェックしてみます。

羽川豊(はがわ ゆたか)
セントラルスポーツ所属。栃木県出身。専修大学時代に朝日杯全日本学生選手権4連覇。ツアー通算5勝。1982年「マスターズ」15位タイなど。現在はゴルフトーナメン トの解説や自身のゴルフサロン「HAGAWA YUTAKA GOLF SALON」でレッスンを行っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!