ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

全米オープン2日目上位選手インタビュー/フューリック、ミケルソン、そして復活を狙うデュバル

ジム・フューリック/通算2オーバー・5位タイ

2003年以来2度目の「全米オープン」制覇を狙うJ.フューリック。2日目は2オーバーでラウンドし通算2オーバーの5位タイにつけている。216ヤードと距離の長いパー3でのバーディなど2日目のポイントを振り返る。

ジム・フューリック
「3番、パー3のバーディは3番アイアンを使いました。グリーンの手前に落ちて奥まで転がりました。ピンハイ、ピン右の15フィートの位置から、大きく曲がるパットでしたが、うまく沈めることができました。5番は良いティショットを放ち、2打目はユーティリティでピンの奥25~30フィートにオンしました。そこからは15センチに寄せてバーディ。昨日はバーディが4個で今日は2個でした」

-「週末はどれぐらいのアンダーパーのスコアが必要になると思いますか」

ジム・フューリック
「コースのセッティングによると思います。コースが木曜日や金曜日と同じぐらいでしたらアンダーパーのラウンドは必要ないと思います」

-「タイガーが予選落ちしたことについて驚きましたか?」

ジム・フューリック
「彼がいくつで回ったか知りません。予選落ちだったことも知りませんでした。タイガーは世界でベストプレーヤーですが、しばらく休みを取っていましたね。彼が良いゴルフをできなかったこと、予選落ちとなってしまったことについては驚きましたが、理解できる点もあります。このコースはとても難しいです。私もしばらく休みを取って遠ざかっていた時期がありました。タイガーは特に自分自身に期待している部分が大きいので、たくさんの休みを取った分、結果を出すのは大変だったと思います」

フィル・ミケルソン/通算3オーバー・7位タイ

フィル・ミケルソン
「最後はボギーになりましたが、満足出来ています。最終ホールは大叩きになりそうな感じがありました。ボギーはOKです。ダブルボギーは避けないといけません。寄せワンでボギーにできたことは良かったです。今日もタフな1日でした。それ以外何も言うことはありません。たくさんの良いショットを打ちましたが、3オーバーというスコアでした。
現在のポジション(順位)は良い位置だと思います。この時点でリーダーの位置にいれればと考えるかもしれませんが、残り2ラウンドで4打差は良い位置だと思いますし、チャンスがくればと感じています。もちろん、これから良いゴルフをしなればいけませんが、(優勝を狙える)チャンスがあることには嬉しく思っています」

-「タイガーが予選落ちしたということについてあなたは残念と感じますか?ほっとしましたか?それとも興奮しましたか?」

フィル・ミケルソン
「驚いたという言葉になるでしょうか・・・。彼は世界ナンバーワンの選手ですし、次なるメジャー『全英オープン』では、しっかり準備をして良いゴルフをしてくれると思います」

デビッド・デュバル/通算5オーバー・14位タイ

-「初日よりも9打違う良いラウンドでしたが、今日は何が良くて、昨日は何がダメだったんでしょうか?」

デビッド・デュバル
「今日はパットが入ってくれたことと、ショットの内容が少しだけ良かったです」

-「最近の調子はどうでしょうか?スコアがあまり良くないときもあったようですが、この数ヶ月はどんな感じでしたか?」

デビッド・デュバル
「あまり聞いてくれてなかったようですが、私は調子がよくなっていると言い続けていますよ・・・。調子はいいです。もう一度言いますね、私はとても調子がいいです。今日は数回良いパットが必要としているときに入ってくれて、良い感じでプレーを続けることができました」

-「優勝争いに絡む気持ちはいかがですか?」

デビッド・デュバル
「とても気持ち良いです。先週も調子が良く、優勝争いに絡んできてもおかしくないと感じました。ただ週末はプレーもできませんでした(注:先週は「72」-「73」で2打たらず予選落ち)。ショットの内容は良かったです。私のラウンドに1日ついてくれればわかることですが、スコアには表れないし、スコアを見るだけではわからなかったと思います。うまく繋がっていませんでした。先週から調子は良いです。先週はもう少しパーオンが多くあればよかったです。軟らかいポアアヌア芝の感じがつまめていませんでした。私はスピン量も多いです。今週は感じがいいですし、準備もできています」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!