ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 場所:ロイヤルリザム&セントアンズ(イングランド)

タイガー・ウッズが4試合連続でトップ10入りを逃した

第130回全英オープンが始まる2日前、スコットランドにあるセント・アンドリュース、R&Aセクレタリーのピーター・ドーソン氏は、ロイヤル・リザムに集まったタイガー・ウッズの関係者に対して、早急に答えを必要とする問いかけをした。ドーソンの質問は単純明快:「クラレット・ジャグはどこ?」。
なるほど、全英オープンのディフェンディング・チャンピオンであるタイガー・ウッズは、もう1、2年は輝かしい勝利の勲章を手放すまいと思ったのかもしれない。しかし7月23日、歴史深いジャグが再び太平洋を渡った時、それはウッズの親しい友人であるデビッド・デュバルの手の中にあった。

ウッズがロイヤル・リザムでお粗末なスウィングを打ち終えたとき、すでに24人ものプレイヤーがウッズを上回るスコアを決めていた。ウッズはリザムが叩きつけてきた困難なテストを楽しんだという。ただ、いつもの調子が出ずにテストは赤点、1アンダーの283で25位タイに終わった。このスコアは、1996年にアマチュアとしてリザムに出場した時のスコア、281より2打も多い。
「毎週良いプレイが出来るとは限りません」そう語るウッズは、スイングを修正した1997年以来初めて、4試合連続でトップ10入りを逃している。
「今週は、今の自分の最高を搾り出したつもりです。週末はスコアも良かった。チッピングとパッティングが好調で助かった、でなければ一体どうなっていたことか・・・」

しかし、そこそこの成績に惑わされてはいけない。ウッズは最終日、トップから5打差でスタートした。最終組より3時間も早くティーオフしながらも、他のプレイヤーが追いかけねばならない低いスコアを出すであろうプレイヤーの候補としては、まだトップだった。まるで、3年前のロイヤル・バークデールで、プレイオフまで1打差に迫ったときのように。少なくとも、計画ではそうなるはずだった。
ウッズは1番ホールで3パットしボギーとしたが、その後4番、5番、6番ホールで連続バーディ。前日、茂みに打ち込んでダブルボギーとなった557ヤード、パー5の7番では、第2打で9番アイアンを手に持ち、エンジンがかかってきたかのように見えた。しかし、ボールは左にそれ、30フィートのパットは無残にもホールをかすめてバーディを逃した。

「今週はあのホールが致命傷となった」ウッズのコーチであるブッチ・ハーモンは、練習場付近にあるテレビで再放送を見ながらため息をついた。実際、パー5の11番でも運がなかった。4日間を通し7番と11番のふたつのパー5で、ウッズはイーブンとしたがデュバルは7アンダーをマークしている。
最終日の11番でウッズはグリーンの淵から3パット、先行きが危うくなった。12番で6打叩き、トリプルボギーとした頃には、もう勝利の可能性は抹消されていた。

最終日のトラブル以前に、3日目のバックナインでも重要な5ホールでミスが重なった。3アンダーだったウッズは、驀進するアレックス・チェイカから6打差、奇跡を起こしてやろうと意気だっているように見えた。14番ではバーディを取るかと思われたが、3パットしてボギー。唯一チャンスの残された359ヤード、パー4の16番に至っては、ドライバーを使うという賭けに出てティショットを右の観客席下に打ち込み、バーディを取るのは不可能にしてしまった。2ホール先の18番で再びドライバーを取り出し、ティショットを木立の中に叩き込んだ。アンプレイヤブルとなって、結局ボギー。プレイヤーが次々とスコアボードを赤く染めた日に、ウッズは2オーバーの73でサインした。チェイカをはじめ、その他のプレイヤーもその日の後半はスコアを落としたが、ウッズは取り返しのつかないところまで落としてしまっていた。

「私は調子が悪いとき、(スイングを)ゆっくりにするんです」ウッズの友人であり、3日目一緒にまわったマーク・オメーラは言う。
「でもウッズは調子の悪いとき、スピードアップします。私は別に批判しているわけではないですよ。ウッズの才能の10分の1でも持っていれば、と思っているのだから・・・。それは同時に、ウッズが調子の良いとき、いかに素晴らしいプレイを見せてくれるか、ということでもあるのです」
3日間に渡って、ウッズは調子を取り戻す事はなかった。しかし、それでもリーダーを脅かす存在で居続けたことは、彼のがんこな粘り強さであり、まったく見事である。3日目の夜、リザムの由緒正しいロッカールームで靴を履き替えたウッズは、トップから5打差しかないと知らされた。「素晴らしい」と彼は言った。翌日は風が強い予報か、と聞き、そうだと聞かされると、「完璧だ」と答えた。

ウッズと勝者の間には、何人ものプレイヤーの名前が並んでいるが、ステージで輝いているのはやはりウッズのように見える。伝統を作り上げるチャンスがあった。ただ、実現はしなかった。
今回はツキがなかっただけ、ということにしておこう。
By Jeff Babineau(GW)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 全英オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!