ニュース

米国男子ザ・ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ザ・ツアー選手権
期間:10/31〜11/03 場所:イーストレイクGC(ジョージア州)

PGA「ツアー選手権」最終日

2位以下に3打差をつけ首位で最終日を迎えたのはフィジーのビジェイ・シン。しかし、シンの1つ前の組にはタイガー・ウッズフィル・ミケルソンが至近距離で追っていた。

シンを5打差で追うタイガーは、なんと1番パー5でティショットをミス。そこからのアプローチもミスし、グリーンを捕えられず今大会2つ目のダブルボギー。さらに、9番パー5でもティショットをミス。打った瞬間にタイガーの口から「同じことするなよ」という声がもれ聞こえるほどだった。この日タイガーのフェアウェイキープ率は14分の4とかなり低かった。このミスなどが足をひっぱりタイガーはイーブンパーの70でフィニッシュ。優勝争いに名を連ねることはなかった。一方、タイガーと同組のミケルソンは9番で2打目を大きく曲げてしまったが、コース脇の家越えショットでグリーンオン。みごとな見せ場は作ったものの、ミケルソンもこの日1バーディのみとスコアを伸ばすことなく終わった。

<< 下に続く >>

首位のシンだが、序盤は少々苦しみながらも7番パー4で、際どいパーパットを上手く沈め8アンダーをキープ。リズムを取り戻した。そのシンを脅かしたのはジェリー・ケリーだった。まずは148ヤードの6番パー3で、ピン横につけバーディで2打差。その後1打失うが、11番パー3ではなんとホールインワン! シンに1打差まで詰め寄るチャージを見せた。一方のシンは、9番10番で連続バーディを奪い10アンダー。リードを広げにかかった。さらにケリーがホールインワンを決めた11番ではシンもあわやエース達成のスーパーショット。イーグルこそ決まらなかったが、3連続バーディで11アンダーと後続を引き離した。

同じ最終組でラウンドしたチャールズ・ハウエルIIIも、初の最終日最終組というプレッシャーの中、スーパーアプローチを直接カップインさせる技などを見せた! バックナインを30の通算10アンダーまでスコアを伸ばしたがシンには及ばず。シンが3度目の参戦でついに念願の「ツアー選手権」を勝ち取った。

◇最終結果
優勝(-12):ビジェイ・シン(67)
2位(-10):チャールズ・ハウエルIII(66)
3位(-7):デビッド・トムズ(67)
4位(-6):ジェリー・ケリー(67)
5位タイ(-5):デービス・ラブIII(65)、フィル・ミケルソン(69)
7位タイ(-4):クリス・ディマルコ(69)、タイガー・ウッズ(70)
9位タイ(-3):レティーフ・グーセン(67)、崔京周(68)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ザ・ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!