ニュース

米国男子ジョンディアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアー「ジョンディア・クラシック」初日

PGAツアーでは恒例なことだが、クラブハウスに一番近い位置の駐車場は前年度チャンピオンのスペースと決まっている。その一番近い駐車スペースに置かれた「01年チャンピオン」のプレート。それを見るたびにニヤニヤしてしまうというのが昨年の優勝者デビッド・ゴセット。

そのゴセットは今年も調子が良く、2位フィニッシュを含み過去7試合をすべて予選通過している。そして今試合の初日も午前の早い時間のティオフではあったが、6アンダー(65)の快調な発進。ディフェンディング・チャンピオンとして威厳のあるスタートとなった。

先週の「B.C.オープン」で初優勝を手にしたスパイク・マクロイも好調さをキープ。このコース名物のポークチョップ・サンドイッチをほお張りながらリラックスしたムードでプレー。中継画面にパー11、バーディ5、ボギー0、サンドイッチ1と書かれる始末だったが結果は堂々の5アンダー(66)。

全英からとんぼ返りのダフィー・ウォルドーフも好調を維持して、同じく5アンダー。現在の首位は単独で8アンダーのマイク・ハイネン。ハイネンは94年の「シェル・ヒューストン・オープン」で優勝しており、初日の(63)はキャリアベスト。18ホール中フェアウェイキープが15ホール、全18ホール中半分をバーディとした。

関連リンク

2002年 ジョンディアクラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~