ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ファルド「全米オープン」招待なるか?

欧州PGAツアー「ボルボPGA選手権」で1打差で4位タイとなってしまったために、世界ランキング上位50位に一歩及ばなかったニック・ファルド(62位)。彼が今年の「全米オープン」に参戦するために残された道は36ホールの過酷な予選を突破するか、はたまた特別招待枠を獲得するかのいずれか。USGA(全米ゴルフ協会)が28日(火)までにファルドに招待枠を与えるか否かを決めるとしていたが、その結論は延期。もし、ファルドを含むほかの選手への特別招待枠が発表されるとしたら、遅くともこの31日(金)とのこと。ファルドは1985年の全英オープン以来、4大メジャーに過去59回連続して出場している。「全米オープン」だけでも15回、最高成績は2位(1988年)、4度のトップ10入り、平均スコアは70.98。96年の「マスターズ」優勝で5年間の「全米オープン」シード権を得たが、昨年で終ってしまった。

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~