ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/06〜02/09 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

トム・レーマン:復活の鍵はロングパター

先週のペブルビーチプロアマ戦で2位フィニッシュしたトム・レーマンにインタビューした。

トム・レーマン(試合後会見にて)
「なんとかパットさえもう少し決まってくれれば、優勝争いに食い込めると感じていたんです」

過去6年間で優勝がたったの一度だけ。得に2002年はキャリアの中でも最悪の年となり賞金ランキングも74位。だがレーマンは今回の「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」で復活を果した。最終日17番パー3で下りのバーディパットを決めて首位のラブIIIに並び優勝のチャンスを作り出したが、18番では2メートルという短いバーディパットを沈められずに惜敗を喫した。

トム・レーマン
「酷いパットをして負けたなら辛いが、パットは好調だったし優勝争いに食い込めたので自信を取り戻すことができた」

昨年のマスターズで予選落ちした翌日、ロングパターに切り替えたレーマン。しかし当初はロングパターに馴染むことができなかった。その前の「ボブホープクライスラーCL」ではショートパターに戻していたレーマンだが、結果は散々だった。

トム・レーマン
「ボブホープの時は、2.5~3.5メートルのパットが32回もあり、うち5回しかカップインできなかった。だから今週はロングパターに再度挑戦したのだけど、おかげで優勝争いをすることができた」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!