ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 キアワアイランドリゾート(サウスカロライナ州)

バンカー“ゼロ” 全米プロの特別ルール

2012年のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」は9日(木)から4日間、米サウスカロライナ州のキアワリゾートで開催。今大会は異例のローカルルールが採用される。

大西洋に面する同クラブのオーシャンコース。海岸線に作られた横長の18ホールからは砂浜で海水浴を楽しむ人々の姿も見ることができるほどで、コース内にはギャラリー用の通路のほか、無数の砂地が広がっている。そのため、ホールによっては人工的なバンカーか、そうでない砂地かの区別ができない。そこで大会を主催する全米プロゴルフ協会(PGA)は、この試合に限って、バンカーをすべてスルーザグリーンとして扱うことを決定。つまりどのバンカー、砂地もハザードではなく、選手たちはフェアウェイ、ラフ等と同じようにプレーができるようになった。

これにより、どのバンカー、砂地からもルースインペディメント(小石や木の葉などの自然物)を除去することが可能に。また、アドレスでソールすること(クラブを地面につけること)はもちろん、クラブを砂につけて素振りをしてもペナルティが科されることはない。PGAは「NO BUNKERS」という掲示で選手、関係者に通達。バンカーは“ゼロ”という扱いとなる。

2010年の同大会ではダスティン・ジョンソンが悲劇の最中にいた。ジョンソンは最終日、2位タイに1打差をつけて単独首位で最終18番に入り、ボギーフィニッシュした。しかし、マーティン・カイマー、バッバ・ワトソンとの三つ巴のプレーオフに突入しようとしていたその時、競技委員から指摘を受けて2打のペナルティを受け、その場で優勝を逃した。ジョンソンはティショットを大きく右に曲げ、第2打を荒地から放ったが、当時の大会ではあらゆる箇所がバンカーとして扱われ、確認を怠った同選手はソールをしたことで、このホールはトリプルボギーとなってしまった。

今年の特別ルールについて、タイガー・ウッズは「バンカーの砂はそれぞれに違いがある。軟らかいところも硬いところも。だから打つ前にリハーサルができるのはありがたい」と歓迎した。また、石川遼はグリーン周りのバンカーでは、イメージやスイングが変わるのを防ぐため普段通りウェッジをソールさせずにショットするものの、フェアウェイバンカーではアドレス時にクラブを置く可能性が高いという。(米サウスカロライナ州チャールストン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。