ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 ロイヤルリザム(イングランド)

今季3勝のウッズ「よい準備ができた」

タイガー・ウッズが最後にメジャー大会を制したのは、すでに伝説となりつつある2008年の「全米オープン」。トーレ・パインズで、負傷した左膝を抱えながらロコ・メディエイトとの91ホールに渡る激闘を制し、メジャー大会通算14勝目を飾った。

あれから丸4年、ジャック・ニクラスのメジャー通算18勝の記録に迫ることはできていないが、今年は「全英オープン」を前にすでに3勝を挙げ、復調気配。96年にここロイヤルリザム&セントアンズで行われた大会では、アマチュアでシルバーメダル(ローアマチュア)を獲得するなど、思い出深いコースで新たな一歩を踏み出せるだろうか。

今週は日曜日、月曜日、そして火曜日と練習ラウンドを行い、「3日間で2つの違う風向きでプレーすることができた。良い準備ができたと思う」と、その表情も明るい。ウッズは「このコースの歴代チャンピオンを見れば、素晴らしいボールストライカーばかり。なぜなら、ただ真っすぐ打つだけではなく、このコースではボールをどちらにも曲げないといけないから」と、コースの特徴を説明する。もちろん、ウッズ自身にアドバンテージがあることも否定できない事実だ。

風によってコースコンディションは大きく変わる。「7番(パー5)では、あるときはドライバー、7番アイアン。次の日は、ドライバー、3番ウッド、そしてウェッジという具合。試合でどうなるか楽しみだよ」と不敵に笑う。

直近のメジャー大会は、15回連続で優勝者が異なる乱世の様相を呈している。今週の成績次第では再び世界ランク1位返り咲きの可能性もあるウッズが、その支配を再び確立できるか注目だ。(英国リザムセントアンズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。