ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 オリンピッククラブ(カリフォルニア州)

遼が初ラウンド「全ホールに罠がある」

14日(木)に米国カリフォルニア州のオリンピッククラブで開幕する「全米オープン」に出場する石川遼は12日(火)、現地で初めての練習ラウンドを行い18ホールをプレー。谷口徹高山忠洋ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)とともに、入念なコースチェックを行った。

今大会は、1番ティと9番ティからスタートする変則的な方式。石川は9番からスタートし、18番を終えて同組の3人は前半(10ホール)で終了。後半は8番までを1人でラウンドし、難セッティング全てを体感した。

「全ホールに罠があって難しい。完璧なショットを打っても、ボールが止まらないこともある」。多くの選手が口にしている、ホールによってフェードとドローを打ち分ける必要性。ドッグレッグが多いレイアウトに加え、全体的に傾斜しているフェアウェイ、さらに両サイドの木から突き出る枝葉などにより、ベストな球筋が限定されるシチュエーションが多い。例えば、フェアウェイが右から左に傾斜する9番では、ドローの球筋ではボールは止まりにくく左ラフに転がり込むリスクを負う。

「タイガーやバッバ(バッバ・ワトソン)が得意そうなコース。バッバは曲げるのが上手いし、強いと思う」。石川もかつてのドロー一辺倒から脱却し、徐々にフェードボールの精度を高めている最中だが、「自分のできる範囲でやっていくしかない。無理やりドローとフェードを打ってケガをするよりも、打てる範囲内で」と決して背伸びはしない。1つのミスが命取りになりうるセッティングに対し、極力リスクを抑える意識をインプットした。

だが、そんな難コースとの対峙にも「こういうコースの方が、やっていて楽しい」と、チャレンジ精神を刺激する別の意識も沸々と芽生えている。「状態はいい。どこまでできるか楽しみです」。明日の最後の練習ラウンドで、自らへの期待をさらに高めていく。(カリフォルニア州サンフランシスコ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。