ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

苦戦のマキロイ、サンデーバックナインに望みを繋げる

大会3日目は予報通り早朝から強い風と雨、難しいコンディションとなった。トップとは4打差、19位タイからプレーを開始したロリー・マキロイはショットに精彩を欠き、スコアを落とす一日となってしまった。初日と同じように1番と3番でボギーを叩いてしまい、スタートで出遅れたマキロイは7番のパー5で1つバーディを奪ったが、すぐ次の8番でボギー。その後5ホールでパーを続けるものの14番のパー5ではティショットを右にプッシュ。ボールは白い杭を越えてしまい痛恨のOB、ダブルボギー「7」となった。その後もバーディを獲る事はできずに結局ムービングデーの3日目は4オーバー「74」。順位は19位から25位と下がり、残り18ホールを残しトーナメントリーダーのダレン・クラークとは9打差と大きく離れてしまった。

前日と同じような南、南南西の風が吹いたロイヤルセントジョージス、加えて激しい横なぐりの雨がマキロイのゴルフを狂わせた。スタートホールのティショットはボールの高さが出ないフックボールで左のラフ。2打目は192ヤードからグリーン方向に進めるものの手前のバンカーに捕まってしまう。約35メートルのバンカーショットはピン右4メートルに寄せることができたがパーパットはカップの左を抜けてしまいボギー。2番でもティショットをフックさせて左のラフに捕まってしまう。ここは8メートルのパーパットを沈めてピンチを切り抜けた。続く3番のパー3でもボールは左に曲がりグリーンを外してしまう。7メートルのパーパットはショート気味、右に外して2つめのボギー。ワンオンも可能な5番では前日に続き、グリーン近くまでボールを進めてくるが2メートルのバーディパットを右に外してしまい流れを掴むことができない。やっと7番のパー5で1.3メートルのパットを入れてバーディを取るが、すぐ次の8番ホールでボギーとして通算2オーバーは変わらず。そして後半唯一パー5でティショットを右にプッシュアウトしてしまいOB。前日は3番ウッドでティショットを打っていたホールだったが、3日目はドライバーを選択して左から右に吹く風に球は乗ってしまった。このホールは5打目でもグリーンに乗せる事ができずに6オン1パットのダブルボギー。3日目はパーオンがこの3日間で一番低い8ホールのみ。バーディはわずか1個だけでリーダーとの差は「4」から「9」。マキロイが熱望する優勝トロフィー「クラレットジャグ」奪取は黄色信号となってしまっている。

明日マキロイの最終日は、最終組よりも2時間30分前となる現地時間11時40分(日本時間午後7時40分)にスタート。明日も雨の予報があるが、夕方になるにつれて風がかなり強くなるという。過去1999年はポール・ローリー(スコットランド)が最終日10打差を縮めてプレーオフで勝利を決めたという例があるだけに可能性は否定できない。特にこれまでグリーン上でチャンスを逃がしている前半でうまくアドバンテージを取ることが必要だ。もしそれができれば、マキロイが絡む注目の「チャンピオンシップサンデーバックナイン」の争いになるかもしれない。

■ Q&Aインタビュー

Q:今日の振り返り

マキロイ:タフな日でした。私としては最初の13ホールを2オーバーで回っていたのは、まずまずだと思っていました。しかし14番で2ショット落としたのは悲しかったです。その後上がりのホールでバーディを取れるようにがんばりましたが取れませんでした。

Q:14番について

マキロイ:13番までがんばって、まだ圏内にいるという感じでした。そしてティショットはああいう結果・・・左にはケント町半分というぐらい大きなスペースがあるというのに右(のOB)にいくとは・・・。悔しいですね。

Q:リーダーグループとの差について

マキロイ:明日のコンディションによりますね。もし良いコンディションであれば明日4アンダー、5アンダーでまた優勝争いに絡む事ができるかもしれませんが、今日のようなタフな状況だとスコアを伸ばし上位に上がるのは難しくなりそうです。

Q:昨日は良い感じと話していましたが、今日のプレーは後退したと考えていいですか?

マキロイ:はい。そうですね。今日は大きく後退してしまいました。今日はリーダーとの差を縮める事が必要でしたが逆に差が広がってしまいました。うまくできませんでした。明日は良いラウンドが必要です。もし優勝ができなくても10位以内、5位以内に入れるようベストを尽くします。

Q:明日はもっと積極的に攻めますか?

マキロイ:いえ、そうではありません。積極的にプレーすることはできません。グリーンのセンターを狙っていきます。このコースは積極的に攻めると失敗してしまうコースなんですよ。

Q:グリーン上のタッチは?

マキロイ:今日のグリーンスピードはだいぶ遅かったですね。カップまで届かせる事ができませんでした。私のスピード感は今週そんなに良くはありません。見た感じは速く見えるのですが、実際に打ってみると思ったよりも転がってくれません。

Q:ティショットが左右に曲がっていた理由は?

マキロイ:今日のような天気だとスイングリズム、タイミングがずれてしまう時があります。タイミングが少しでもいつもと違うとミスが大きく結果に表れてしまいます。

Q:一緒に回ったリッキー・ファウラーについて

マキロイ:リッキーは良いゴルフでしたね。彼は自然体でプレーできていました。フィーリングを大切にプレーをしてボールコントロールも優れていました。ショートゲームのタッチも素晴らしく、グリーンを外してもしっかりとパットを入れてパーをセーブしていました。このコンディションの中で「68」は凄いと感じました。

■ ラウンドデータ

通算214ストローク(71-69-74)
3日目74(4オーバー)

フロントナイン37(2オーバー)
バックナイン37(2オーバー)

・バーディ:1ホール
・パー:13ホール
・ボギー:3ホール
・ダブルボギー:1ホール

・パー3:通算1オーバー
・パー4:通算2オーバー
・パー5:通算1オーバー

・フェアウエーキープ率:42.8%(14ホール中6ホール)
・パーオン率:44.4%(18ホール中8ホール)
・合計パット数:28パット
(1パット8ホール、2パット10ホール)
・バンカーセーブ:3回中2回1パットセーブ(66.7%)
・ドライビングディスタンス(計測指定ホール13番、15番)2ホール平均302ヤード

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。