ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

20歳のスーパーアマ、最終日は池田勇太と同組に

イングランドのロイヤルセントジョージズGCで行われている今季の海外メジャー第3戦「全英オープン」。初日に大会史上アマチュアのベストスコア「65」をマークしトップタイに立っていたトム・ルイス(イングランド)は、最終日を前に通算5オーバーの33位タイまで後退した。

1アンダーの14位タイから決勝ラウンドを迎えたルイスはこの3日目、フィル・ミケルソンと2サムでラウンド。出だしこそ2連続パーでスタートしたが、悪天候の中でのプレーに苦しみ、パッティングの不調から徐々にペースを乱していく。3番から3連続ボギー、そして8番からは2連続ボギー。17番でようやく初バーディが来たが、最終18番もボギーとして「フラストレーションがたまった。一日の最後が悪いと、悪い一日になってしまう。今日のミスから学んでいけるようにしないと」と締めくくりを悔やんだ。

<< 下に続く >>

今年9月に行われるアマチュアの欧米対抗戦「ウォーカーカップ」出場後にプロ転向する予定の20歳は、今大会でローアマ(ベストアマ)を獲得することが目標。予選を通過したもう一人のアマ、米国のピーター・ユーラインが2打差の通算7オーバー、41位タイにつけている。「ピーターはいい選手。例え勝てなくてもいいプレーがしたいと思う」と話したが「できれば大きなトロフィーが欲しい」と続けた。

迎える勝負の最終日。ルイスは決勝ラウンドに残った唯一の日本勢、池田勇太とともに現地時間午前11時10分にスタートする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!