ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:コングレッショナルC.C(メリーランド州)

【羽川豊’s EYE 全米オープン最終日】これまでの“実績”が実を結んだマキロイ

最後の最後までマキロイはショットが安定していました。スタートの1番からバーディを獲って波に乗りましたが、2番、5番など良いパーも拾ったことが大きかった。いくらいいショット、パットを繰り返しても結果としてボギーが出ると恐怖心が生まれてくるもの。優勝争いを制するためにはボギーを出さないことが必要になってきますが、まさにその通りのゴルフで前半のうちに勝負を決めました。

マキロイの長所は「パワー」プラス「柔軟性」にあります。体全体で柔らかい動きができ、スイングに固さがなく、下半身が太くてしっかりしている。腕の振りが大きくて、ヘッドがゆったり遅れて出てくるため、飛距離はもちろん、フックもスライスも打てる。それによってどんなコースにも対応することが可能になります。また、プレーの速さも目を惹きます。パッティングの際、自分の持っている感性を大事にして、短い時間でジャッジできるところは強さの表れ、秘訣の一つでしょう。

<< 下に続く >>

マキロイはメジャー初制覇ですが、ここまで確かな“実績”があったからこそ、今日の成績につながりました。昨年の全英オープンでも一時トップに立ち、2日目に失速。今年のマスターズでは、それ以上に悔しい思いをしましたが、経験を自分のものにして修正してきました。今日、彼が感じていたプレッシャーはオーガスタの時の半分以下だったのではないでしょうか。

タイガー・ウッズが不在の中、次のゴルフ界を引っ張っていく20代が出てきた今大会。2位に入った23歳のジェイソン・デイも楽しみなプレーヤーです。パワーももちろんですが、スイングに癖がなく、安定感でいえばマキロイを上回る可能性もあるでしょう。

そんな中で、石川選手は刺激を受けたはずです。今大会でいえば、できればもう一回、アンダーパーを出して最終日を迎えられれば理想的でした。彼は昨年の全米オープンで一時、2位になるほどの実力もあるのです。そういう経験を何度もして、いつか優勝にたどり着くことを期待したいですね。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!