ニュース

米国男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 WGC キャデラック選手権
期間:03/10〜03/13 ドラール・ゴルフリゾート&スパ(フロリダ州)

藤田寛之「“モンスター”はまだ見ていない」

今季のWGC(世界ゴルフ選手権)第2戦「WGC 世界ゴルフ選手権」が10日(木)、フロリダ州のドラールゴルフリゾート&スパで開幕。初日は雷雨のため約3時間の中断に見舞われ、日没サスペンデッドとなった。藤田寛之は12ホールを消化して1アンダーの暫定32位タイで2日目を迎える。

インから出た藤田は11番で残り142ヤードの第2打を8番アイアンで1.5メートルにつけて最初のバーディを奪う。続く13番、そして14番でもバーディとし、出だし5ホールで3アンダーまで伸ばし上位に顔を出したが、その後は2つボギーをたたいて後退。「出だしはショットもパットも良かったけれど、後半にミスが出ましたね」と話した。

「風が無く、いい状況でやれただけに、もう少し伸ばせれば良かった」。このコース、ドラールゴルフリゾート&スパ内の「TPCブルーモンスター・アット・ドラール」は池が絡むホールが多いことに加えて、普段は風向きが日々異なる強風が吹き荒れ、選手たちを苦しめる。それだけに数々のドラマが生まれてきた。

とりわけフェアウェイからグリーンまで左サイドが池となっている18番パー4(467ヤード)はツアーを代表するホール。この日はパーだったが「ああいう難しいのはイヤだけど、イイですよね…。『やってくれんなあ』みたいな」とプロゴルファー冥利を噛みしめる。

また、この日の3時間弱の中断中には、思わぬ出来事が。選手用ラウンジで食事をしていたところ、隣にタイガー・ウッズが座った。「写真撮りたかったけどな…」と過度の緊張や重圧も無くリラックスムードが漂う。

2日目は第1ラウンド未消化分、アウトの4番からスタート。「明日は風と自分次第。まだ本当の“モンスター”は見ていない」と難コースにも全身でぶつかっていく。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGC キャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。