ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/23〜02/27 場所:リッツカールトンGC(アリゾナ州)

圧勝続きのL.ドナルド、決勝も!?

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の大会4日目。午前7時10分から準々決勝が行われ、その後に準決勝2試合も行われた。朝一番でのスタートとなったルーク・ドナルド(イングランド)は、ライアン・ムーアと対戦。1番、3番と先制すると、中盤の8番から3連続で奪い試合の主導権を完全に掴んだ。

そして、14番をドナルドが奪い5アンド4で準決勝進出を決めた。ムーアは2004年に全米アマチュアを制した実績を持っているが、勢いの差でドナルドに完敗となった。準決勝でドナルドが対戦したのは、こちらも1997年に全米アマチュア選手権を制しているマット・クーチャー。全米アマは予選を勝ちあがると、マッチプレーで勝敗を決めるアマチュアゴルフ界では最高峰の舞台。その歴代優勝者2名を1日で蹴散らすことになる。

<< 下に続く >>

1番をドナルドが奪えば、2番はクーチャーが奪い返した。しかし、息詰まる接戦もここまで。3番、4番とドナルドが連取し、6番からは怒涛の5ホール連続奪取。この時点で7アップまで差を広げて、13番パー5で試合を決めたドナルドが、6アンド5で決勝進出を決めた。

ドナルドは1回戦でもチャーリー・ホフマン相手に6アンド5という圧勝をみせた。ここまでで最も接戦となったのが、2回戦のエドアルド・モリナリ(イタリア)戦だった。モリナリも2005年に全米アマチュアを制した経歴を持つ。マッチプレーの猛者たちを含め、圧勝続きのドナルドは、最終日の決勝18ホールマッチでもあっさりと勝利を掴み獲ることになるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!