ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 場所:ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

フィーリングは良いものの…/3日目のタイガー・ウッズ

大会3日目、タイガーウッズは午前7時に7番ホールから第2ラウンドのプレーを再開。 前日は6番ホールまでプレーしたところで日没サスペンデッド。タイガーは第2ラウンドの残り12ホールを3バーディ、1ボギーに収めて「70」。通算2アンダー、21位タイで予選を通過した。36ホール終了時、トップと5打差を追いかけるタイガーは12時30分から第3ラウンドを開始した。

第3ラウンドは前半4番、5番、9番と3つのボギーを叩いてしまい通算イーブンパーに後退。バックナインに入るとタイガーは11番、14番、17番、18番と4つのバーディ(16番でボギー)を奪って通算3アンダーまで戻すことに成功。54ホールを終えた時点で通算13アンダーでトーナメントリーダーのニック・ワトニーとは10打差の31位タイというポジションで明日最終日のプレーを戦うことになる。

<< 下に続く >>

プレー後のインタビューでタイガーは以下のように今日のプレーを振り返った。

(パー5でのプレーについて)
今週はパー5のホールでうまくプレーができていませんね。5番はうまくいっていませんし16番でもいいティショットが打てた時も(バーディ)が取れていません。パー5でバーディを獲る事が大事ですが、私はできていません。

(先週のゴルフと比べて今週はどうですか?)
今日は初日、2日目よりもいい感じでショットが打てているんですよ。しかしグリーン上で苦しみました。 パットが入ってくれませんでした。(第3ラウンドの)前半でピンそばにつけたバーディチャンスがあったのですが全く入りませんでした。ショットが良くてもパッティングが決まってくれないとスコアにはなりません。今日はうまくいきませんでした。

(パッティングの問題は?)
曲がる幅を多く考えすぎたようで上に外すケースが多かったです。そしてグリーンのスピードは今日の午後は遅く感じました。バックナインでは読み幅を薄めに考えて強めのタッチで狙うことにしました。

(明日のプレーについて、だいぶ差がついていますが・・)
どうでしょう、今年は50台のスコアを出している選手が数人いますからね・・・

(現在の調子は?)
今週はいいフィーリングで球を捕らえることができています。打感、打音、いいフィーリングなんですよ。

午前中にプレーをした第2ラウンドの残りは12ホールで3つのバーディ(1ボギー)。 スコアカードだけを見るとまずまずと感じるが、内容は決して良くなかった。ドライバーは11番、14番、15番、16番、18番と5ホールをすべて左に引っかけてしまう。第3ラウンドの前半はドライバーだけではなくアイアンショットや3番ウッドでも大きなミスショットを犯してしまって優勝争いから脱落してしまう。しかし上がりの17番と18番でバーディを奪い意地を見せて30ホールの長丁場を終えた。

今週からスイングの相談をしているショーン・フォーリー氏とは練習ラウンドやドライビングレンジの練習時によく会話をしている。印象としてだが3日目はダウンスイングで左脇を締めて左肩をレベルターンにすることで右へのプッシュアウトを完全に防ぐ作戦をしているように感じた。ボディの動きはとても良かったがシャフトの入射角がスティープ(鋭角)に降りてきていた。切り返しのリズムが練習場よりも早くなっていてその分クラブフェースのローテーションに余裕がなく左に球は飛んでいたが、ダウンスイングのスイングリズムがもう少しスムースに流れるようになれば安定度の高い出球のコントロールが向上するはず。アドレスで構えたときのイメージやフィーリングが良くなっているというのはタイガー本人しかわからないもの。フェアウェイキープ率やパーオンのデータは決して良くないが、ミスを怖がらずに振り抜いていく心構え、そしてミスを犯してからのミラクルリカバリーにも期待して明日の最終日の戦いを見守りたい。

★ラウンド データ
71-70-72 = 213ストローク(通算3アンダー)

第2ラウンド
70(37-33) 2アンダー
・バーディ: 3ホール
・パー: 14ホール
・ボギー: 1ホール

・パー3: 通算イーブンパー
・パー4: 通算2アンダー
・パー5: 通算イーブンパー

・フェアウェイキープ率: 35.71% (14ホール中 5ホール)
・パーオン率: 50.00% (18ホール中 9ホール)
・合計パット数: 25パット(1パット 11回、2パット 7回)
・ドライビングディスタンス 2ホール平均 268ヤード(2番252ヤード、11番284ヤード)

第3ラウンド
72(39-33) イーブンパー
・バーディ: 4ホール
・パー: 10ホール
・ボギー: 4ホール

・パー3: 通算1アンダー
・パー4: 通算イーブンパー
・パー5: 通算1オーバー

・フェアウェイキープ率: 35.17% (14ホール中 5ホール)
・パーオン率: 61.11% (18ホール中 2ホール)
・合計パット数: 29パット(1パット 7回、2パット 11回)
・ドライビングディスタンス 2ホール平均 299ヤード(2番300ヤード、11番298ヤード)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!