ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアー2004年シーズンの期待はずれ

今年も残すところあと少し。2004年シーズンが全て終了し、すでに2005年シーズンが始まったツアーもあるが、PGAツアーも数週間後には2005年シーズン開幕となる。そこで、ザ・ゴルフ・チャンネルのアナリストたちが2004年シーズンの期待はずれに終わった選手について語った。

まず名前が挙がったのはデービス・ラブIII。2004年シーズン1勝も出来なかったことにゴルフ界は驚きを隠せない。ラブは今年ケガなどに悩まされたが、参戦試合数も終盤に向けて増やしていることもあり、秋口には2~3勝はするかと思われていた。しかし無冠。2003年シーズンに家庭の事情に苦しみながらも4勝をマークしたラブだけに、この落胆は大きい。またラブは2003年シーズン初めには、PGAツアーで戦っていかれるのか、はたまたチャンピオンズツアーに移行する時期が近づいているのか、今後数年間で判断すると語っていただけに、2005年シーズンに不安を残す。

<< 下に続く >>

アーニー・エルスがメジャーを逃したことも期待はずれとは言い難いが、残念な出来事だった。4大メジャー中3メジャーでいずれも優勝する可能性が高かっただけに、最も悔やんでいるのがエルス本人。実際、随分と長い間「全英オープン」の優勝を逃したことに対して引きずっていた。

またタイガー・ウッズが現在は復活の兆しを見せているものの、2004年シーズンにストロークプレーでの優勝をひとつも収められなかったことは、この期待はずれのカテゴリーに入る。世界ナンバー1の座をついに奪われてしまったことも大きな落胆となる。しかしゴルフ界では、おかげで2005年が面白くなるとの期待の声も高まっている。

ビッグネーム以外で期待はずれのシーズンを送ってしまったのが予選通過が1試合しかなかったデビッド・ゴセット。全米アマチュア選手権の歴代チャンピオン達がみんな揃いも揃ってPGAツアーで苦戦している。ババ・ディッカーソン、ジェフ・クイニー、マット・クーチャーらと同じ道を辿ってしまっている。

チャールズ・ハウエルIIIも賞金ランキング33位に終わり低迷したシーズンだった。2003年に行われたプレジデンツカップには選抜メンバー入りを果たしたハウエルだったが、2004年のライダーカップには入れず。ルーキー年にはパーオン率が2位だったハウエルだが、今季はショートゲームに悩み苦戦を強いられ、PGAツアー最終戦「ツアー選手権」に出場することができなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!