ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

こちらも地元P.ロナードが連勝!「全豪プロゴルフ選手権」

先週開催された「全豪オープン」に引き続き、2週連続となる地元優勝を是非とも飾りたいピータ・レナード。勢いに乗るレナードは最終日も4番と5番で立て続けにバーディを連取。そして、7番から10番までを4連続バーディとするなど勢いが止まらなかった。終わってみれば8バーディの65をマーク。レナードは18アンダーでフィニッシュした。一方、10番までを17アンダーで周っていたボブ・エステスは続く11番で痛恨のボギー、そして最終18番でもボギーを叩いてしまい15アンダーで終了。今大会がプロ4戦目となるジェームス・ニィティース。3日目を首位で終えたニィティースは念願の初優勝を目指して最終日に臨んだものの、3番と14番でボギーを叩くなど、今ひとつスコアを伸ばせないままトータル16アンダーでフィニッシュ。レナードが2週連続優勝を決め、豪州PGAツアー過去3参戦で見事3勝目を達成した。

ピーター・レナード(優勝・-18)
「今日はいい日でした。ラッキーとなる自分のプレーもありました。ですので本当に良かったです。最終日をスタートしても優勝できるなんて何も考えていませんでした。」

◇最終日の結果
優勝(-18・65):ピーター・ロナード
2位(-16・70):ジェームス・ニィティーズ
3位(-15・70):ボブ・エステス
◇注目の選手
4位タイ(-14):ニック・オハーン(67)、コーリー・ペイビン(70)
9位タイ(-4・68):クレイグ・パリー
17位タイ(-10・70):グレッグ・ノーマン
20位タイ(-7・68):リッキー・バーンズ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!