ニュース

米国男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:09/30〜10/03 場所:マウントジュリエットエステート(アイルランド)

世界ゴルフ選手権初日/首位の全英覇者ハミルトン「不思議だね・・・」

WGC アメリカンエキスプレス選手権初日

トッド・ハミルトン(首位・6アンダー)
「最近は全てが完璧か、何も上手くいかないかのどっちかのようだ。今日はパターも手の中でしっくりきて、ラインも良く見えた。不思議だね」

スティーブ・フレッシュ(2位タイ・5アンダー)
「パットの調子が良い選手が動くよ。このコースはそんなに長くないからショットが多少ブレてもパットが良ければなんとかなってしまう。グリーンの状態がすごく良いから、パットが良ければスイスイ決まっちゃうよ」

スチュアート・アップルビー(2位タイ・5アンダー)
「長いオフ開けの試合でここまで良いショットが打てれば満足だよ。ところどころ鈍っていた場面もあったけど、2つのチップインも決められたし、嬉しいよ」

ルーク・ドナルド(2位タイ・5アンダー)
「スウェーデンで勝って、その数週間後にスイスで勝って、そしてライダーカップだからね。僕の自信は一気にあがったね」

セルヒオ・ガルシア(2位タイ・5アンダー)
「今日は良いプレーだったよ。今日は15番パー3での5番アイアンと18番でのドライバーと、ミスは2つしかないしね。他はすべて満足のいくショットの繰り返しだった」

タイガー・ウッズ(8位タイ・4アンダー)
「痛みはずっとあったけど、途中で止めようとは1度も思わなかった。きっと僕は頑固なんだよ」

アーニー・エルス(16位タイ・3アンダー)
「フロントナインは良いプレーが出来ていたのにスコアにつながらなかった。そのフラストレーションからバックナインではちょっとミスもしてしまったけど、パーで乗り切れたし、上がり数ホールはまずまずだったので、良かったと思う」

ポールターの「いたずら」

ライダーカップでは欧州チームの連覇に貢献したイアン・ポールター。今週WGC「AMEXチャンピオンシップ」には参戦していないが、今大会の参加選手達に「いたずら」を仕掛けた。

ライダーカップの最終スコア「18.5 vs 9.5」と書かれた特製ティを作り、今週の大会のティグラウンドにばら撒くよう欧州チーム同僚達に頼んだらしい。ポールターは「それを拾ったアメリカ選抜メンバーの選手は僕のメッセージを受け取ってくれるはずだよ」と、嬉しそうに話していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!