ニュース

米国男子ニッサンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ニッサンオープン
期間:02/19〜02/22 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

「ニッサン・オープン」前日:タイガー単独インタビュー

タイガーはプロ転向後に6度参戦している「ニッサン・オープン」だが、いまだに優勝がない。アマチュア時代を入れれば8度挑戦しているリビエラCCだが、なぜか勝ててない。タイガーが3度以上参戦しているコースで優勝できていないのはこのリビエラCCだけなのだ。しかしこのリビエラCCにはタイガーにとってかけがえのない思い出もある。16歳でプロのトーナメントにデビューしたのが、このリビエラCCなのだ。

-「一流選手の中でも群を抜いているタイガーだからでしょうが、先週は決して好調とはいえない状態でありながら、優勝争いに絡みましたね」

<< 下に続く >>

タイガー
「そうだね。決して好調とはいえないプレーだったね。とにかくティショットが悪かった。ピンのポジションが厳しかったとはいえ、パーセーブがやっとという場面が多かったね。バックナインに入る時点で僕にも優勝のチャンスはあると感じたけどね」

-「でも優勝が近いという自信はありそうですね。リビエラは知り尽くしているコースですし」

タイガー
「近いと思うよ。昨日の練習ラウンドでも満足のいくショットが打ててるし。今日も調子がいいからね。今週の試合は楽しみだよ」

-「私事ですが12年前このロサンゼルスで働いていたとき、細くて幼い16歳の少年がこのコースで大旋風を巻き起こしていました。誰だあの16歳は!と大騒ぎになってました。ここではいろんな思い出があるでしょうし、メジャー大会よりも勝ちたい試合なんじゃないですか?」

タイガー
「そのとおりだよ。当時は背も低くて1番アイアンくらいだったんじゃないかな?キャップがブカブカでね。それでも小さめなキャップをかぶっていたのに。このコースには沢山の思い出があります。良い思い出が多いですよ。デビュー戦がここですし、まず初めてプロがプレーする試合を観戦したのもここでした。ですから、ぜひ勝ちたいですね」

-「期待していいですか?」

タイガー
「昨日、今日のプレーが明日からの4日間にできることを祈るだけです。それができれば、チャンスはあると思いますよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ニッサンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!