ニュース

米国男子ワコビア選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ワコビア選手権
期間:05/05〜05/08 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

タイガーの流れを変えた2ペナ!「フェンスを壊していなかったら…」

2005/05/11 09:00

タイガー・ウッズが「ワコビア選手権」の最終日、10番ホールでフェンスを壊して、動かしてしまった為に課せられた「2打罰」があった。しかし、実は動かしたフェンスがもう少し頑丈であれば、タイガーにペナルティはなかったという。

試合時にタイガーはギャラリーの助けを借りてフェンスを動かそうとした際に、意図的ではなかったがフェンスを壊してしまった。米国男子ツアーのオフィシャル、マーク・ラッセル氏によると、「動かしたこと」ではなく「壊したこと」がペナルティの理由だという。

ラッセル氏は「なんとかタイガーにペナルティを課せないようルールブックを読み返したが、やはり物を壊してしまっては救えない」と語った。

◇「ワコビア選手権」のホームコースがメジャー開催!?

「ワコビア選手権」は世界ランキング上位10名中8選手が参加するなど、大会運営としては大成功を遂げたが、ホームコースの「クエイルホロークラブ」はさらなる大舞台を担うことになるかもしれない。

「クエイルホロークラブ」の社長、ジョニー・ハリス氏によると、メジャー開催地の選考担当者たちと非公式にミーティングを重ねているという。最も可能性が高いのは2011年以降の「全米プロゴルフ選手権」か、ライダーカップの開催を任されるかもしれないとのこと。「クエイルホロークラブ」はすでに2010年まで「ワコビア選手権」との開催契約を結んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ワコビア選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。