ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ビュイックインビテーショナル
期間:01/20〜01/23 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

米国男子初日/T.レーマン「ライダーカップへの情熱をプレーで伝える」

米国男子ツアー第3戦「ビュイックインビテーショナル」の初日、完璧なゴルフで単独首位に立ったのは2006年のライダーカップ米国チーム主将に選出されているトム・レーマンアーニー・エルスもハワイでの好調ぶりを引き続き持続し、絶好の位置につけている。

トム・レーマン(首位、10アンダー)
「私は(2006年)ライダーカップのキャプテンですがチームメンバーとして戦いたい気持ちはあります。まだ45歳ですから今後も活躍できると信じている。そのためには闘争心を失わず他の選手を尊敬することも大切です。私がライダーカップにどれだけ情熱を注いでいるかを選手に伝えるためにも私自身いいプレーをすることが必要だと感じてます」

ディーン・ウィルソン(2位、9アンダー)
「パットが良かったのはいうまでもありませんが、いつもよりティショットを曲げなかったことが良かった。その結果、グリーンに向けていい位置から打つことができた。やっぱりフェアウァイキープですね」

アーロン・オーバーホルサー(3位、8アンダー)
「2つのコースのうち易しいノースコースで好スタートを切ることが大切です。グリーンも比較的スムーズで多くのバーディが奪えるコースですから。ノースはサウスよりも平均2、3ストローク良くて当然だと思います。明日モンスターコースのサウスで戦うと思うと、今日ロースコアをマークできて幸いでした」

アーニー・エルス(4位タイ、7アンダー)
「好調なままプレーしていたけど、途中でミスが出ました。でも、今日の9バーディ、2ボギーのラウンドには満足です。ロースコアをマークするならばノースしかありません」

◇ミケルソン、パットで募金!◇
昨年のマスターズチャンピオンで、今週の「ビュイック・インビテーショナル」で今季初出場しているフィル・ミケルソン。今年米国ツアーの大会でバーディを奪うたびに100ドルを、イーグルの場合は500ドルを、アメリカの帰還兵のために寄付することを決意。この基金は戦争で重傷を負い障害者となったアメリカ兵のために新しい家を提供する募金活動となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。