ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2030年「プレジデンツカップ」はベルリーブCC開催

2021/11/04 11:17

PGAツアーは3日、米国選抜と世界選抜(欧州を除く)による対抗戦「プレジデンツカップ」の2030年大会をミズーリ州セントルイスのベルリーブCCで開催すると発表した。

巨匠ロバート・トレント・ジョーンズ・Srが手掛けたベルリーブCCは2005年、13年、19年と改修を挟みながら歴史を紡いできた。

<< 下に続く >>

1965年「全米オープン」ではゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)がキャリアグランドスラムを達成。直近ではブルックス・ケプカタイガー・ウッズアダム・スコット(オーストラリア)との優勝争いを制した2017年「全米プロゴルフ選手権」を開催した。井戸木鴻樹が頂点に立った13年「全米シニアプロゴルフ選手権」のコースでもある。

2年に一度行われる対抗戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で21年大会を1年延期。22年はノースカロライナ州のクエイルホロークラブ、24年はカナダのロイヤルモントリオールGC、26年はイリノイ州のメダイナCCを舞台とすることが決まっている。世界選抜のホームとなる28年の会場はまだ発表されていない。

1994年の初回大会から2019年までの通算成績で、米国選抜が11勝1分け1敗と圧倒。30年が第18回大会となる。19年にオーストラリアのロイヤルメルボルンGCで行われた前回大会まで、日本勢は松山英樹が13年から4大会連続出場を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!