ニュース

米国男子シュライナーズチルドレンズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

新居購入のイム・ソンジェ 50試合目で1勝、100試合目で2勝

◇米国男子◇シュライナーズチルドレンズオープン 最終日(10日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

イム・ソンジェ(韓国)は昨年、PGAツアー出場50試合目の「ザ・ホンダクラシック」で初勝利を挙げた。今度はちょうど100試合目で2勝目。「初優勝を手にするまでは大変だったけれど、2勝目はもっと難しく感じていた。とにかく耐えました」。1勝に要した試合数は同じでも、勝利の味はまた違う。多くの環境の変化を経て、飛躍のタイトルを勝ち取った。

<< 下に続く >>

ムービングデーの「70」の後退で首位から陥落しても、23歳はあきらめなかった。トップと3打差6位からスタートし、前半アウトで5バーディ。10番で勢いに乗ったことを確信した。第2打地点のフェアウェイバンカーは「あまり良くないライ」。そこから6mのチャンスにつけ、パットを決めて「すごく自信になった」という。

圧巻の5連続バーディを13番(パー5)までに決め、リーダーボードを見たのは14番。「5打差がついていて、ミスだけしないようにすれば勝てる」と落ち着き、結局ノーボギーの「62」。通算24アンダーは2位に4打差をつける圧勝だった。

前回優勝の昨年3月「ザ・ホンダクラシック」から2週後に、ツアーは新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断。“勝ち方”を覚えた矢先に水を差された格好になった。「リズムを取り戻すのが大変だった。とにかく自分を信じるしかなかった」と振り返る。

今年2月に新たなトレーナーを迎え、「東京五輪」前週から新しいキャディとコンビを組んだ。その間、ジョージア州アトランタに自宅を購入。米下部ツアーへの挑戦を開始した2018年から続けていたホテル暮らしを終えた。「空港が大きいから、どこにでも行きやすいんだ」と、腰を据えて転戦できるようになった。

次週「ザ・CJカップ」は「僕にとって最も大切なスポンサーの大会。とにかくいいプレーができるように火曜日から準備したい」。運気はきっと向いているが、同じラスベガスで行われるゲームを前に「カジノには行かないよ」と笑った。(ネバダ州ラスベガス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 シュライナーズチルドレンズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!