ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

「僕のドライバーは最悪」デシャンボーがブチ切れも…後に謝罪

◇メジャー第6戦◇全英オープン 初日(15日)◇ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)◇7189yd(パー70)

飛ばし屋ブライソン・デシャンボーがブチ切れた。4バーディ、5ボギーの「71」でプレーし、1オーバー74位で初日を終えたが、「フェアウェイの真ん中に打てればいいのだけど、今の僕のドライバーは最悪だ」とコメントした。

<< 下に続く >>

フェアウェイキープ率は29%(4/14)と落ち込み、全英特有の深いラフに苦しんだ。

「自分にとって(ドライバーの)フェースが良くなくて、いかにミスヒットに強くするか改善を続けているところ。ずっと前から言っているように、僕はカミソリの刃の上で生きているようなものだ。ドライバーを打ってもラフに入ると、(フライヤーのために)ウェッジで距離感をコントロールできないんだ」

出だし1番でボギーをたたいたが、7番(パー5)でバーディ。しかし、8、9番と連続でボギーとスコアを落とした。

デシャンボーがプロ転向した5年前から用具契約を結んでいるコブラ社はGolfWeekの取材に対し、「ブライソンがあんな馬鹿げたことを言うのは本当につらい。彼はこれまで一度も満足したことはないんだよ。8歳の子どもが怒るようなものだ」と答えた。

ただ、時間を経て冷静になったのかデシャンボーは自身のInstagramでラウンド後のインタビューを謝罪した。

「きょうの発言はとてもプロとは思えないものでした。スイングに対する不満と感情が爆発してしまったんです。本当に深く反省しています。コブラとは5年以上、一緒に仕事をしていますが、彼らは素晴らしいクラブを作っていますし、私にとって家族のようなものです」

3月「アーノルドパーマー招待」で優勝も、その後10試合でトップ10が2度。2週前の「ロケットモーゲージ・クラシック」では予選落ちと状態が落ち込んでいたのもクラブへの八つ当たりにつながったようだ。世界ランキング6位の2日目からの巻き返しに期待だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!