ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

デシャンボーが“555ydパー5”で1オン挑戦? 過去にデーリーは「18打」

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 事前情報(3日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

ベイヒルクラブ&ロッジの名物は6番、円形の大きな湖の周りを反時計回りに“半周”するような左ドッグレッグのホールだ。555ydに設定されているパー5だが、ブライソン・デシャンボーがウォーターハザード越えの1オンに挑戦するかもしれない。

<< 下に続く >>

ティイングエリアから湖の向こうのグリーンに到達するためには、350yd近いキャリーが必要とされる。第1打で2つのフェアウェイバンカー方向に1Wや3Wショットを放って2オン、または3オンさせるのが定石だが、デシャンボーは開幕前日に1オンにトライした。

プロアマ戦の最中に、多くのスマホカメラの前で「みんなこれが見たいはず」とグリーンを狙った。右からのやや向かい風に「きょうは風が強すぎる。できるかなあ…。よし、力いっぱい振るよ」。ティボックスよりも前に出て1Wを振りちぎったが、挑戦した2球はいずれも水しぶきを上げて失敗。計測器でのボールスピードは時速194マイルに達したという。

肉体改造から昨年ツアートップの飛距離を得たデシャンボーは過去に、同ホールでコンディションさえ整えば、1オンを狙う考えを示していた。ショートカット成功のためにはフォローになる北風が望ましいが…。

かつての飛ばし屋、ジョン・デーリーは1998年大会でグリーンを直接狙い(打ち直しの3打目以降は前方のティイングエリアから)、5回池に入れた。球のストックがなくなったこともあり、6回目(13打目)でようやく安全な右サイドを向いてラフに置いた。スコアは「18打」だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!