ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ジェネシス招待
期間:02/18〜02/21 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

2021年 ジェネシス招待
期間:02/18〜02/21 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

いとこのため2億円を集めたニーマンが2位浮上 メンタルコーチ効果も

◇米国男子◇ジェネシス招待 2日目(19日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

4位から出たホアキン・ニーマン(チリ)が午後のプレーを4バーディ、1ボギーの「68」でまとめ、通算7アンダーの2位に浮上した。「風も穏やかできのうと同じようにショットもパットも良かった。なかなか入ってくれなかったけどね。チャンスがある位置だ」。ツアー2勝目に向け、5打差ながら首位のサム・バーンズを追う態勢を整えた。

<< 下に続く >>

ニーマンは今大会開幕前、うれしいニュースを感謝の気持ちを込めて発した。昨年11月、生後間もない、いとこのラフィタちゃんが寿命2年とも言われる脊髄性筋萎縮症と診断され、特効薬の費用を集めるため募金を呼びかけた。米国で一昨年に承認された遺伝子治療薬の薬価は210万ドル(約2億2140万円)。ニーマンは試合で稼いだ賞金に加え、イーグル1つにつき1万ドル、1バーディで5000ドルを寄付。またSNSでの情報発信が実り、薬を購入するだけの寄付が国内外から集まったという。

「ツアーの支援もあった。ソーシャルメディアの力はスゴイ。メキシコ(ツアーで事実を公表したマヤコバゴルフクラシック)でスポンサーからも大きな助けがあった。チリだけでは難しかった」

ニーマンは直近4週をオフにし、チリで家族と静養していた。「数日前にも写真を送ってくれたんだけど、彼(ラフィタちゃん)は元気そうだった」という。「短い期間でたくさんのお金が積み立てられた。本当にうれしい。みんなが彼をサポートしてくれた。彼はまだ(病と)闘い続けられる」。昨夏から「僕に必要な部分のひとつ」とメンタルコーチを雇い、コース内で精神的にも安定。タイトルで多くの人に感謝の気持ちを届ける。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ジェネシス招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!