ニュース

米国男子マヤコバゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マヤコバゴルフクラシック
期間:12/03〜12/06 場所:エル・カマレオンGC(メキシコ)

獲得賞金は医療費に ニーマンはいとこの命のために戦う

◇米国男子◇マヤコバゴルフクラシック 初日(3日)◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇パー71(7017yd)

ホアキン・ニーマン(チリ)のキャップには、願いのこもった小さなリボンが飾られている。22歳がいま懸命にプレーするのは、ツアー2勝目のタイトルのためだけではない。

<< 下に続く >>

ニーマンは先月、自身のインスタグラムに病と闘う、いとこの話を投稿した。10月下旬に生まれたラフィタ・カルデロンちゃんは生後間もなく脊髄性筋萎縮症と診断され、チリ国内の病院で集中治療を受けている。

遺伝子の疾患であるこの病は、深刻な筋緊張低下からいずれ自力で体を支えられず、呼吸や飲食にも困難をきたす。寿命は2年とも言われ、90%以上が生後20カ月以内に命を失うか、人工呼吸器でのサポートが必要になるという。

脊髄性筋萎縮症については昨年、特効薬として米国で遺伝子治療薬が承認されたが、薬価は史上最高額とされる210万ドル(約2億1800万円)にも上る。その注射薬も生後100日以内に接種しなければ、十分な効果が望めない。現在、ラフィタちゃんの両親が資金をクラウドファンディングで募っており、ニーマンは2週前の「RSMクラシック」から獲得した賞金全額に、1イーグルあたり1万ドル、1バーディで5000ドルを加えた額を贈ることを決めた。同大会での募金額は15万2450ドル(約1581万円)とした。

寄付を決めて迎えた2試合目、ニーマンは首位と1打差の5アンダー2位でスタートを切った。他の選手の賛同を得るべく、追加のリボンを自身のキャディバッグに潜ませ、ロッカールームやスタートティ周辺にも置かせてもらった。「ツアーのみんな、メキシコでのサポートには本当に驚いている。ラフィタの話を多くの人に知ってもらうための手助けしてくれた。選手たちの支援も本当にありがたい。僕たちは彼のために戦う」

ホアキン・ニーマンのインスタグラム

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マヤコバゴルフクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!