ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月10日>

1955年 グレッグ・ノーマン生誕(66歳)

ホオジロザメを意味する「ホワイトシャーク」の愛称で知られるグレッグ・ノーマン(オーストラリア)が競技を始めたのは、16歳のとき。2年後にはスクラッチプレーヤーとなり、憧れだった空軍パイロットではなくゴルフの道を選んだ。

プロデビューした1976年にオーストラリアツアーで早々にタイトルをつかむと、活躍の場を世界に広げ、PGAツアーでは84年「ケンパーオープン」を皮切りに永久シード条件のひとつとなる通算20勝をマークした

<< 下に続く >>

2勝を挙げた「全英オープン」の雄姿だけでなく、「マスターズ」での悲劇のヒーローぶりも多くのファンが記憶するところ。プレーオフで散った87年など惜敗を繰り返し、96年は初日に大会記録に並ぶ「63」で飛び出しながら、2位に6打差をつけて迎えた最終日に「78」と大崩れ。ニック・ファルド(イングランド)にグリーンジャケットをさらわれた。

2001年に世界ゴルフ殿堂入り。世界ランキング1位に君臨した期間は331週に上り、683週のタイガー・ウッズに次ぐ歴代2位。120週で3位のダスティン・ジョンソンを大きく引き離している。

ビジネスの世界でも華々しい成功を収めたノーマン。ことし1月にはフロリダ州ジュピターの大豪邸が5990万ドル(約62億7800万円)という価格で売りに出されているとの報道もあった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!