ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「苦しかった」小平智はカットライン上で3試合ぶり突破

2021/02/06 11:40


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(5日)◇TPCスコッツデール (アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

3試合ぶりの予選通過を決めた小平智は「頑張ったというよりは、苦しかったですね」と本音を漏らした。

<< 下に続く >>

カットライン上の通算3アンダー55位。過去2試合は初日アンダーパーから2日目のオーバーパーではじき出されていた中、この日も前半15番でボギーが先行した。

2打目が奥にこぼれ「100%、(3打目が)寄らないようなところに行ってしまった。完全にマネジメントミス」。パー5でスコアを落とし、折り返した後の1番でもグリーン右手前から寄せきれずにボギー。「バーディがなかなか来てくれなくて、気持ちが切れそうになった」と重苦しい展開を振り返る。

それでも「ティショット、セカンド、全部完璧だった」と胸を張った2番。タフなパー4でこの日初めてのバーディを奪取すると、続く3番(パー5)のティショットはアゲンストの風に負けず、309ydを計測した。「2オンさせたかったので、ちょっと振った」。力強い一打を生かし、段を下る長いイーグルパットもしっかりと距離感を合わせて連続バーディとした。

1Wショットには、前日も口にしていた手応えを裏切らない充実感がにじむ。「終盤になってすごく良くなってきて、そこで粘れたのはティショットのおかげ」とうなずく。

さらなる浮上のポイントは「思ったところには打てているけど、なかなか読めていないというか、ひと筋違うというのも多かった」と課題を挙げたグリーン上にある。

米本土では2021年になって初めて迎える決勝ラウンド。「あとは伸ばすだけ。ガンガン伸ばしていきたい。5個くらいはいきたいですね」と小平らしく上だけを見て戦う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!