ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月5日>

2021/02/05 07:30


2017年 松山英樹が大会連覇で米ツアー4勝目

アリゾナ州のTPCスコッツデールで開催された「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」の最終日、松山英樹が米ツアー4勝目を飾った。首位と4打差から出て、通算17アンダーで並んだウェブ・シンプソンとのプレーオフを4ホール目で下し大会連覇を決めた。

「リーダーボードはずっと見ていました。それはいつも通り」。ハーフターン時に差を2打まで詰め、勝負は後半へと大混戦になった。終盤15番で単独トップへと浮上したが、18番でバーディパットを外しプレーオフへ。「優勝を決める(バーディ)パットは、なんで入らなかったか…と今でも思います。ああいうところでショートするのは自信がないということ。でも、悪いストロークではなかったので、プレーオフに向けては自信を持ってプレーできました」

<< 下に続く >>

プレーオフは3ホール目まで互いにパーを譲らない展開に。17番で行われた4ホール目で松山がバーディを奪って決着となった。「プレーオフは早めに決めないと負けると思っていた。4ホールまで行って勝てるのは不思議な感じ。(プレーオフの3ホール目でシンプソンが決めれば勝ちのバーディパットを打つ前も)決めるなら決めてくれ、と思っていた」

それまでの日本人最多勝利数だった丸山茂樹の3勝を塗り替えた。「丸山さんの3勝を早く超えたいと思っていたのでうれしい。そこに挑戦したのも僕だけだと思うんで。超えられて良かったなと思います。(自分が)日本で一番のプレーヤーかと言われたら僕はそう思わない。そうなれるように頑張りたいです」と思いを口にした。同年8月「WGCブリヂストン招待」でツアー5勝目を挙げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!