ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<12月15日>

2019年 プレジデンツカップで米国が逆転勝利してウッズは涙

オーストラリアのロイヤルメルボルンGCで行われた「プレジデンツカップ」で、タイガー・ウッズが率いる米国選抜が2ポイントリードしていた世界選抜を破り、8大会連続の勝利を飾った。大会史上最も若い43歳でのキャプテン兼選手として臨んだウッズは「勝ったときは大体泣いている」と決着がついた29マッチ目の17番で目に涙を浮かべた。

舞台となった会場は1998年に米国選抜が唯一敗れた場所。競技形式は大会初日にフォアボールのダブルス5マッチ、2日目にフォサムのダブルス5マッチ、3日目にフォアボール4マッチとフォアサム4マッチ、そして最終日は全選手出場のシングルス12マッチで実施された。

<< 下に続く >>

ウッズはこの大会で3戦全勝と自ら白星を挙げてチームを導き、「キャプテンとしてチームをひとつにすること。選手として勝つこと。両立は大変だった。このチームの主将でいられたこと、選手でいられたことは光栄だ」と肩の荷を下ろした。計9回の大会出場で通算27勝となり、大会最多記録を達成した。

アーニー・エルスが統率した世界選抜では、アダム・スコットらのほかに日本からは松山英樹が出場。松山の戦績は2勝1敗1分けで終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!