ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

「悔しいけど悔いはない」渋野日向子は涙こらえる/最終日一問一答

2020/12/15 05:38


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71)

メジャー2勝目を逃したものの、最終18番をバーディで締め、最後の最後に本来の笑顔を取り戻した渋野日向子。ホールアウト後、涙をこらえながら「悔しいけど悔いはない」と語った。現地での一問一答は次の通り。

<< 下に続く >>

-大会を振り返って
これが自分の実力というのがすごく分かりました。悔しいけど悔いはない。

-タフなコースでいろいろな試練があった
自分らしいゴルフがなかなかできなかった。頑張って体を動かそうと思っても寒さでなかなか体を動かすこともできず、ショットもグリーンに乗らないので、耐えられるところを耐えまくってという感じだったんですけど、それでは通用しないんだとすごく思いました。

-プレーは
パーオンが4日間の中で一番少なかった。半分くらいは拾えたと思うけど。アプローチに対しては自信持っていいのかな。ショットはプレッシャーがかかると自分の動きができない。今日のゴルフはいろいろ知ることができた。

-現在の気持ちは
悔しい気持ちが8割くらい。あとの2割は、やり切った。悔いはない。

-最後はバーディ締めで「持ってる」?
持ってたら優勝してると思いますけど(笑)。それでも最後にいい締めができた。だからこそ悔いはない。

-米ツアーは
やっぱり2カ月前に戦って、アメリカツアーで戦いたいと前よりも思えて、今回一週間戦って、そのときよりも行きたいと強く思った。結局、この悔しい気持ちはアメリカツアーでしかはらせないので、絶対ここでまた戦いたいと思います。
(テキサス州ヒューストン)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!