ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

渋野日向子はメジャー2勝目ならず4位 初出場キム・アリムが5打差逆転V

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71)

1打差の単独首位から出た渋野日向子は2バーディ、5ボギーの「74」で回り、通算1アンダー4位でフィニッシュ。日本人初となるメジャー2勝目と「全米女子オープン」制覇はならなかった。

<< 下に続く >>

戦いを終え「自分らしいゴルフがなかなかできなかった。体を動かそうと思っても、寒さで動かなかった。耐えられるところを耐えまくってのゴルフ。そういうゴルフでは通用しないんだなと思った」と語った。さらに「きょうの悔しい気持ちはアメリカツアーでしかはらせない。またここで戦いたい」と力を込めた。

前半で2ボギーが先行し、通算2アンダーで同じ最終組のエイミー・オルソンとトップを並走する形で後半へ。

10番はグリーン手前エッジからのバーディトライがショート。パーパットはカップをのぞきながら右に外れ、2位に後退。続く11番もフェアウェイからの2打目をグリーン右に大きく外し、連続ボギーをたたいた。

13番(パー5)で3打目をチャンスに絡め、この日最初のバーディで再び1打差に迫った。16番(パー3)でも5UTで奥3mほどにつけたが、バーディパットはひと筋右を抜けてパー。17番で3パットボギーを喫した。18番で下りのロングパットを沈め、バーディで締めた。

優勝は25歳のキム・アリム(韓国)。5打差9位から出て上がり3連続バーディを含む6バーディ、2ボギーの「67」で通算3アンダーとして大会初出場で頂点に立った。

通算3オーバー9位のケイトリン・パップがローアマを獲得。9人が予選通過を果たした日本勢では高橋彩華も4バーディ、4ボギーの「71」で通算4オーバー11位タイに入った。

<上位陣と日本勢の成績>
1/-3/キム・アリム
2T/-2/コ・ジンヨンエイミー・オルソン
4/-1/渋野日向子
5/+1/メーガン・カン
11T/+4/高橋彩華
13T/+5/笹生優花岡山絵里
23T/+7/畑岡奈紗
54T/+13/稲見萌寧
60/+15/河本結
61T/+16/比嘉真美子
65/+19/三ヶ島かな

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!