ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

63歳ランガー「カッコいい」 8打差マキロイは現実も見る

◇海外メジャー◇マスターズ 3日目(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

ロリー・マキロイ(北アイルランド)が6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算8アンダー10位タイまで上がってきた。

<< 下に続く >>

第1組スタートだったため、ホールアウト時点では首位を走るダスティン・ジョンソンがプレー中だった。「DJ(ジョンソン)は14アンダーかな?少なくとも16アンダーまではいくだろう。8打差だ。現実を見て、今はこのトーナメントで優勝しようとは考えていないよ」。予測通りの展開で最終日を迎えることになった。

ムービングデーは予選通過の大会最年長記録を更新したばかりの63歳、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)とプレーした。ホールアウト後のランガ―が「17番でいいドライバーショットを打って、セカンドは2番ユーティリティだった。ロリーのセカンドはピッチングだったかな。100ydくらい離されたホールもあったと思う」と苦笑したほどの飛距離の差。それでも「73」にまとめた大ベテランに敬意を表した。

「彼が(セカンドを)打つところから自分が打ったら、どんなスコアになるか想像したよ。正直に言って、8500ydのコースでプレーしているようなものだ。確立されたコースマネジメントには驚かされた。カッコいいよね。30年後もここに戻ってきて、同じことをやっていたいよ」

悔やまれるのは初日の「75」。今大会でのキャリアグランドスラム達成が厳しくなったことを認めつつ、最後までベストを尽くす。「フェアウェイを捉え、グリーンに乗せ続けて、できることなら、すべてのホールでバーディを獲りにいく。可能な限りベストスコアを狙う。あすも頑張って、その結果を見てみるよ」と攻めに徹する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!