ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタの話題をさらうデシャンボー「ホームラン狙いのフルスイングで」

◇海外メジャー◇マスターズ 事前(10日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

開幕を目前に控えた有力選手たちは、こぞってブライソン・デシャンボーについて聞かれていた。前日9日に練習ラウンドを一緒に回ったジャスティン・トーマスは「ほかの誰にとってよりも、彼にはかなり楽なコースになると思うよ。長いドライバーを試し始めて、もう少し時間があれば、もっと遠くに打てるようになるかもしれない」と目を見張った。

<< 下に続く >>

ルール適合ギリギリとなるシャフト48インチよりわずかに短い、47.5インチの1W投入に向けてテストを重ねている。「きのうはスイングスピードが(時速)143、144マイル(64.36m/s)まで上がったよ」。驚異的な数値をサラリと告白し、12日(木)からの使用も視野に入ってきた様子だ。

2番(パー5、575yd)は7I、打ち上げの8番(パー5、570yd)は8I、495ydの5番も8I…。練習ラウンドで握ったセカンドショットの番手は規格外の飛距離の証明。「全部アゲンストだったね」と付け加えた。

昨年10月から肉体改造に着手。コロナ禍の中断期間もトレーニングに有効活用したとはいえ、9月の「全米オープン」で圧倒的な強さを見せて初のメジャータイトルをかっさらった。「こんなに早く結果が出るとは思っていなかった。3、4年はかかると思っていたから」と自らの予想すら上回るスピードで進化を遂げている。

「毎日、より速く、より強くなろうとしているし、できるだけ遠くまで打とうとしている。ドライビングの観点から言えば、バッターボックスでホームランを打つためにフルスイングするような感じで(ティイングエリアに)入っているよ」。ドラコン競技のチャンピオンたちからもインスピレーションを得たという心構えは、大リーグの強打者たちに重なる。

強烈なこだわりをのぞかせる“飛ばし”は、勝利に近づく手段のひとつでしかないことも強調した。「ここではチッピングとパッティングが重要になる。ティショットでアドバンテージを得ようとも、アイアンとウェッジをうまく打って、最後にパットを決めることができなければ、トーナメントで勝つことはできない。全米オープンのときに僕がやっていたことだ」。ぶれないスタイルでグリーンジャケットをつかみにいく。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!