ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

第3弾「ザ・マッチ」はウッズ不在? NBAのスター登場か

タイガー・ウッズフィル・ミケルソンの世紀の対決として注目されてきたイベント「ザ・マッチ」の第3弾が11月27日に行われる可能性が浮上した。米メディア・Sporticoが15日に報じたところによると、ウッズは出場せずプロバスケットボール(NBA)の新旧スターが登場するという。

2018年11月にネバダ州で賞金900万ドル(約9億4737万円)をかけて、ウッズとミケルソンがぶつかったエキシビションマッチは、新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断中の5月に、フロリダ州で第2回「チャンピオンズ・フォー・チャリティ」を開催した。それぞれがアメリカンフットボール(NFL)のレジェンド、ペイトン・マニングとトム・ブレイディとタッグを組み、医療従事者らのために総額2000万ドル(約21億円)の寄付金を集めた。

<< 下に続く >>

第3弾はミケルソンとマニングが引き続き出場し、バスケットボール界のステフィン・カリーとチャールズ・バークレーが参戦する予定。ゴールデンステート・ウォリアーズのカリーは現役のスーパースターであるにもかかわらず、米下部ツアー出場経験のある腕前の持ち主で、PGAツアーの大会ホストを名乗り出るなどゴルフ界との縁が深い。

一方のバークレーは1990年代、フェニックス・サンズなどで活躍し、殿堂入りもした57歳。2000年の引退後はコメンテーターを務め、ゴルフではかつてイップスを原因とした“超変則スイング”で知られたが、近年は劇的な改善を見せている。

今回は「チャンピオンズ・フォー・チェンジ」と銘打たれ、チャリティ金は歴史的黒人大学(HBCU)におさめられるという。これまで2回のイベントを放送してきた米ワーナーメディア傘下のターナースポーツは、現段階でコメントを避けている

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!