ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

プレーオフ圏内浮上に「どうでもいい」 惜敗ケプカは「全米プロ」3連覇へ照準

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(2日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

「いい感じだ。ピークをPGAチャンピオンシップに持っていきたかったんだ」。大会3連覇がかかる次戦「全米プロゴルフ選手権」(カリフォルニア州TPCハーディングパーク)を前に、今季最高の2位タイで終えたブルックス・ケプカはうなずいた。

<< 下に続く >>

世界選手権シリーズ(WGC)連覇へ、意地もこだわりものぞかせた。一時首位に立った後、1組前のジャスティン・トーマスにかわされ、最も易しい後半16番(パー5)では痛恨のボギーをたたいたが、17番で12mのバーディパットが「吸い込まれた」。土壇場でバウンスバックを決めて1打差に迫り、「18番はアグレッシブなラインを攻めないといけない」とリスクを背負う覚悟を決めた。

左ドッグレッグのフィニッシングホール。池越えの最短距離を狙ったティショットがわずかに左に飛んで届かず、ボールは水しぶきを上げた。単独2位も消えるダブルボギーフィニッシュにも「負けてしまえば、1打差だろうが10打差だろうが関係ないんだ」と潔かった。

昨年痛めた左ひざの不安から低迷が続き、これが今季2度目のトップ10入り。155位からプレーオフ進出圏内となる92位まで上がったフェデックスカップランキングについて「そんなことはどうでもいいんだよ」と一蹴し、「勝つことだけが目標なんだ。近づいているのは感じる。残りの試合は多くないが、勝ちたいね」と続けた。

絶不調と目されていた中、一気に優勝争いの中心へ戻ってきた。大舞台での強さをあらためて印象付け、メジャー3連覇の偉業へ期待値は高まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!