ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

ジェイソン・デイが20年来の相棒とコンビ解消 それぞれの道へ

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 初日(30日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が、20年に及ぶ師弟関係に終止符を打った。開幕前にPGAツアー公式サイトで2017年まではキャディも兼任していたコーチのコリン・スワットン氏との関係解消を明かし、「コリンとは長く一緒に成功の道を歩んできた。スイングに関して変化を求め、自分自身でやっていくことを決めた」と理由を語った。

<< 下に続く >>

2人の出会いは20年前にさかのぼる。デイが12歳のときに癌で父を亡くしてから間もなくスワットン氏の指導を受けはじめ、ゴルフの師であると同時に父親のような存在でもあった。二人三脚で米ツアーに進出し、2015年「全米プロゴルフ選手権」でのメジャー初制覇、さらに世界ランキング1位到達と栄光をつかんできた。

17年後半に選手とキャディとしてのコンビを解消して以降もコーチとして傍らで支えてもらってきた。「コリンは単なるコーチ、キャディではない。彼が僕のゴルフのためにしてきてくれたこと、決して途切れることのない友情に感謝してもしきれない」と敬意を表した。

スワットン氏は最近、PGAツアーライブでのコメンテーターとしてのメディア活動に加え、他のツアープレーヤーやジュニアゴルファーたちの指導にも活動の場を広げている。同氏は「これまで成し遂げてきたこと以上に、ジェイソンの人としての成長を誇りに思う。私たちはこれからも友人であり続けるし、ジェイソンの今後の成功を祈っている。そして、これからのお互いの未来に大きな希望を抱いている」とコメントを寄せた。

新たなスタートとなった初日は5バーディ、3ボギーの「68」で2アンダー15位。恩人への感謝を胸に目指すのは、もちろん優勝しかない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!