ニュース

米国男子3Mオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 3Mオープン
期間:07/23〜07/26 場所:TPCツインシティーズ(ミネソタ州)

2020年 3Mオープン
期間:07/23〜07/26 場所:TPCツインシティーズ(ミネソタ州)

おひとりさまでの優勝争いを回避 “陽性・無症状”チームの連帯感

◇米国男子◇3Mオープン 3日目(25日)◇TPCツインシティーズ(ミネソタ州)◇7431yd(パー71)

最終18番(パー5)でバーディを奪ったハリス・イングリッシュは満面の笑みを浮かべた。怒涛の上がり4連続バーディで首位と4打差の通算11アンダー6位タイと優勝争いに踏みとどまっただけではない。「18番を獲れれば、彼と組むことになると思っていたんだ」。先にホールアウトしていたデニー・マッカーシーとスコアで並び、最終日の同組を喜んだ。

<< 下に続く >>

2人の共通点は、ツアー再開後に新型コロナウイルスの陽性反応を示したこと。無症状が続き、米国疾病予防管理センター(CDC)の職場復帰に関する基準を満たす選手として、イングリッシュは前週「ザ・メモリアルトーナメント」、マッカーシーは2週前の「ワークデイ・チャリティオープン」から復帰したが、ペアリングには依然として制限がある。

前週は予選ラウンドでイングリッシュとマッカーシーが同組に入り、通常2人1組の決勝ラウンドは1人でプレー。マッカーシーには前週ようやく陰性判定が届いたものの、今週の予選2日間は陽性判定が続くディラン・フリッテリ(南アフリカ)も含めた3人で同組となり、この日はイングリッシュとフリッテリ、裏街道に回ったマッカーシーは1人で回った。

“おひとりさま”でのプレーながら7バーディ、ボギーなしの「64」をマークして一気に上位戦線へ加わったマッカーシーは「2週間前から『日曜日に1人で回ってトップになる可能性だってあるよね』って冗談を言い合っていたんだ。彼らとも仲良くやっているし、あしたがいい一日になるよう準備していくよ」と現状を冷静に受け止める。

同じ状況下で奮闘を続け、連帯感も芽生えつつある様子。イングリッシュは「先週のミュアフィールドでは週末に1人でプレーしてリズムを維持するのが大変だった。デニーとまた一緒にプレーできるのはプラスだし、うれしいよ。この数週間兄弟のように過ごして、バディみたいに思っている。一緒に最終日を盛り上げられたらいいね」と意気込みを語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 3Mオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!