ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

丸山茂樹、上昇するもプレーオフ進出まであと一歩!【最新ランキング】

「FedEx Cupプレーオフ」の第1戦「バークレイズクラシック」まで残り3週間。先週の「カナディアンオープン」はジム・フューリックの連覇で閉幕し、FedEx Cupポイントランキングに大きな変動はなかった。

■ 今週の注目選手■

ジム・フューリック(6位⇒3位)

<< 下に続く >>

3打差の5位タイでスタートし、出だし3ホールで2バーディ、続く4番のパー3でホールインワンを決めて見事に大会連覇を果たしたフューリック。ミケルソン、崔京周を抜いて3位まで浮上してきた。来週の「全米プロ選手権」でのタイガー(1位)とビジェイ(2位)の結果次第ではトップの座まで見えてきた。

フューリックといえば、独特な「8の字」スイング。ゴルフを始めて以来、父マイク氏が唯一のスイングコーチだという。日本人にも馴染みのあるハワイ州「プランテーションコースatカパルア」の脇に自宅を持つ。契約メーカーはスリクソン。

カミロ・ビジェガス(59位⇒49位)

昨年のビュイック・インビテーショナルでタイガーと優勝争いを演じ、「スパイダーマン」のあだ名がついてから約1年半。昨年の「コカ・コーラ東海クラシック」にも来日し、日本にもビジェガスのファンは多い。

今年に入ってツアー屈指の人気に実績が追いついていなかった感は否めないが、「カナディアンオープン」では久々のトップ10入り。爆発力はあるだけに、プレーオフではダークホースになるかもしれない…。

ジョージ・マクニール(147位⇒105位)

無名の新人が先週の「カナディアンオープン」で3位タイに入り、プレーオフ圏外から一気に100位近くまで順位を上げた。

去年はフロリダのゴルフ場のアシスタントプロとして働いていたマクニール。昨年のQTで2位に5打差をつけて今年のPGAツアー出場権をもぎ取った。アメリカのフロリダ州出身の31歳。

■ 日本人選手■

「カナディアンオープン」3日目終了時で、丸山茂樹は14位タイに入りプレーオフ出場のためのカットライン(144位)付近まで上昇するかに見えた。しかし最終日はスコアを一つしか伸ばせず、ポイントランキングも158位に止まった。

同じく「カナディアンオープン」最終日に期待のかかった丸山大輔。しかし最終ラウンドは7オーバーと大きくスコアを崩して後退、ランキングは1つだけ上がった。

ダブル丸山にとって出場資格のある残り2試合でなんとか上位争いに食い込み、トップ144に入りたいところだ。

今田竜二(51位⇒50位)
丸山茂樹(164位⇒158位)
丸山大輔(185位⇒184位)

■ その他変動のあった選手■

ハンター・メイハン(16位⇒12位)
ブランド・スネデカー(32位⇒25位)
スティーブ・アラン(140位⇒119位)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!