ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

無観客なのに歓声…自宅の即席スタンドは“儲かる”のか?

2020/06/14 14:36

◇米国男子◇チャールズ・シュワブチャレンジ 3日目(13日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

無観客開催で3カ月ぶりに再開した米ツアーだが、歓声のこだまする場面がある。ゴルフウィークの電子版によると、会場近くの住民が知人向けに観戦スタンドを作ったり、自宅のベランダから声援を送ったりしているという。

<< 下に続く >>

米国では、ゴルフ場内にある自宅からの観戦を楽しめる試合も一般的だ。報道によれば、15番グリーンと16番ティに隣接する自宅付近の駐車場に自前のスタンド席を用意したのは、ショーン・パットさん。数十万円をかけ、2日間で完成させた。

大会2日目にはソーシャルディスタンスを保ちながら、約100人が観戦。テレビや仮設トイレ、送風機が設置され、ドリンクなどが提供された。入場料が必要だったのかは分かっておらず、目的が“営利”なのか“慈善”なのかははっきりしない。

また、自前の“アナウンサー”の声がコースに届くようにした。9kgの増量が話題になったブライソン・デシャンボーが16番ティに登場すると、プロレスの実況風に「体重350ポンド(158kg)~」と紹介した。デシャンボーは手を挙げて応じ「面白かった。応援されるのは楽しいね」と話していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!