ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

アドレナリンは出る?出ない? 静かで熱い優勝争いへ

◇米国男子◇チャールズ・シュワブチャレンジ 3日目(13日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

首位と3打差以内に14人がひしめく大混戦で迎える再開初戦の日曜日。手に汗握る展開に一喜一憂して盛り上げるはずの大ギャラリーがいない状況は、どのような影響を与えるのか。

<< 下に続く >>

4バーディ、ボギーなしの「66」をマークし、大会初出場ながら通算12アンダー1打差2位タイと今季3勝目へ好位置につけるジャスティン・トーマスは「本当に静かだろうね。穏やかと言ってもいいかもしれない。選手に話しかけたり、電話を掛けたり、フェアウェイを横切ったりする人はいないわけだから。まるで別のゴルフラウンドになる。誰もがそれに適応する必要があるだろうね」とうなずいた。

通算13アンダーの単独首位に浮上したザンダー・シャウフェレは「(無観客で)本当は必要がないのに、ロープを張ってくれているのはありがたい。それがトーナメントであることを感じさせてくれる」。コース内に張り巡らされたギャラリーロープが“スイッチ”のような役目を果たしていると語る。

同時に懐かしい記憶をたどった。「ジュニアゴルフのような気分になるんじゃないかな。誰もがただ勝ちたくて、ファンなんていない会場でしのぎを削っていた。みんな、自分のプレーに集中することになるだろう」と展開をにらんだ。

ライバルたちとタイトルを争う―。シンプルに、その状況こそが勝負師の本能をくすぐると力説したのはゲーリー・ウッドランド。「最初の2日間はアドレナリンが出ていないと感じたけど、競い合って勝つチャンスがあるとなれば、刺激され始めるね。アドレナリンが出ているのを感じる。ファンの有無に関係なく、明日はきっと楽しいはずだ」。ちょうど1年前の「全米オープン」以来となる通算5勝目へ、1打差2位から気持ちを高ぶらせる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!