ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

フィナウ 警察官からの差別体験を明かす

世界ランキング16位のトニー・フィナウが、過去に警官から受けた差別的な扱いを自身のInstagramで明かした。5月にミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に拘束された際に死亡した事件を受け、世界中で高まる人種差別撤廃への声に、トンガとサモアにルーツを持つ米国の30歳が賛同した。

「有色人種としての人生において、この国で差別を受けたことがあるかって? イエスだ」。フィナウの胸に今も残る苦い体験となったのが2014年、白人の友人が運転する車の助手席に乗っていた時のこと。交通違反をしていた友人の車を警官が停めた際、警官からフィナウも降車するよう指示され、従うといきなり拘束されたという。「ドアに顔を押さえつけられ、手錠をかけられた。その後、車の後部座席に入れられた」

<< 下に続く >>

「不正義で不公平だという感情を、こういう扱いを受けたことのない人々に説明すると…非人道的で、いかなるレベルにあっても間違っている。誰に向けたものであっても、とりわけ有色人種に対する法的機関のこんな仕打ちは犯罪だ」。自身の経験と前月の事件を重ね合わせるフィナウ。「正義、平等を求め、誰かの肌の色を理由に権力を乱用する警察に立ち向かう人々と僕は一緒にいるから、声を大にして意見を言う」と訴えた。

3カ月ぶりのシーズン再開戦となった「チャールズ・シュワブチャレンジ」(テキサス州コロニアルCC)、「コーンフェリーチャレンジ」(フロリダ州TPCソーグラス)ではそれぞれの現地時間午前8時46分に黙とうを行った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!