ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

イメルマンが最年少で世界選抜キャプテンに 21年「プレジデンツカップ」

2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」を主催するPGAツアーは7日、2021年大会の世界選抜チーム(欧州を除く)の主将にトレバー・イメルマン(南アフリカ)が決まったことを発表した。ノースカロライナ州クエイルホロークラブで待ち受ける米国選抜に挑む。

イメルマンは2008年の「マスターズ」を含め、米ツアー2勝をマーク。「プレジデンツカップ」には2005年、07年に出場した。「ゲーリー・プレーヤー主将のもと、25歳で初めてプレーしたときのことは忘れられない。すぐ後の06年にPGAツアーで初勝利を挙げたことからも、プレジデンツカップはPGAツアーのキャリアをスタートさせるうえで大きな部分を担っていた。キャプテン就任は名誉なこと」とコメントした。

大会開催時は41歳となり、世界選抜で史上最年少のキャプテンになる。副キャプテンに母国の先輩であり、2019年大会でチームを率いたアーニー・エルス(南アフリカ)のほか、チェ・キョンジュ(韓国)、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)、マイク・ウィア(カナダ)を据えた。

同対抗戦には日本勢では松山英樹が前回まで4大会連続で出場。米国選抜のキャプテンは後日発表される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!