ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

主将アーニー・エルスが見据える「プレジデンツカップ」の未来

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 最終目(15日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

大会中、コース内のリーダーボードには両チームを比較するデータが表示されていた。2019年の米ツアー勝利数は世界選抜の「2」に対し、米国選抜が「10」。世界選抜にはアダム・スコット(オーストラリア)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、松山英樹マーク・レイシュマン(オーストラリア)の4人しかいない世界ランキング30位以内が米国選抜には12人(つまりチーム全員)いること。昨シーズンの米ツアーポイントランキングのトップ30に世界選抜が5人、米国選抜が11人いたこと…。

それでも、ダブルス戦を終えた段階では、21年ぶりの勝利を目指す世界選抜が10-8と2ptリードしていた。10ptを積み上げて最終日を迎えるというキャプテンのアーニー・エルス(南アフリカ)のプラン通り。シングルス戦こそ地力に勝る相手に逆転を許して2pt差で敗れたが、決着は全30マッチのうち、29マッチ目の後半17番までもつれた。

エルスは「ほかのスポーツにおいて、机上で我々のチームと相手を比較したら笑われるだろう。しかし、史上最も偉大なチームのひとつに対し、番狂わせに近づいたんだ。初出場の選手が数多く(7人)いて、ベテランがいて、みんなが100%の力を発揮した」と、選手たちをねぎらった。

13回目を迎えた大会で、最多となる「9」の国と地域から集った世界選抜。まとめる立場の難しさも痛感した。米国選抜のタイガー・ウッズ主将も交え、選手の選出方法の変更を交渉していたことを明かしている。さらに「欧州のものであり、米国のものでもある『ライダーカップ』では、その2つのグループが激突する。『プレジデンツカップ』は米ツアーのイベントだ。我々は彼らの屋根の下で、たくさんのものが1本の傘に入って戦わなくてはいけない。説明が難しく、長い長いプロセスが必要なことはわかっているが、米ツアーとは切り離していく必要があるのではないか」と語った。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。