ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

腕の毛を剃る!? PGAツアープロのユニークな社会貢献

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、ゴルフ界でもトップ選手による支援の輪が広がっている。

ブルックス・ケプカセルヒオ・ガルシア(スペイン)は巨額の寄付を表明。かねて自らの財団を通じて教育支援に取り組んできたタイガー・ウッズは、休校などで子どもたちが学びの機会を失いかねない状況を憂慮してオンラインでの学習プログラムを無料で提供すると発表した。

昨年5月の「ウェルズファーゴ選手権」でツアー初優勝を飾った29歳マックス・ホマの手法は独特だ。3月下旬、ポッドキャストを使ってこんな宣言を出した。

「テネシー州中部のセカンドハーベストフードバンク(余っている食べ物を、食べ物に困っている人に繋ぐ活動を行う慈善団体)に2500ドル(約27万円)の寄付をお願いします。寄付をして、最も毛深いPGAツアープロの一人が腕の毛を剃るのを見てみよう」

現地時間4月1日、ホマはツイッターで約4万ドル(約430万円)の寄付があったことを報告。協力してくれた人たちに感謝の意を示した。

そして、両腕と両足の毛をきれいに剃って、ゴルフ専門誌の表紙を飾ったかつての自分と比べる画像を投稿。「口ひげがあることで、かろうじて自分だと分かるね。2時間かけて剃ったよ。以前より速くスイングできる気がする」と笑わせた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!