ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・プレーヤーズ選手権(中止)
期間:03/12〜03/15 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

新型コロナ余波で「全米プロ」会場変更の噂 PGAは否定

2020/03/11 11:30

新型ウイルス感染拡大の影響は、米男子ゴルフにも“混乱”を招いている。5月にカリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディングパークで開催予定のメジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」がフロリダ州のTPCソーグラスに会場を変更するという噂に対し、10日(火)に主催者の全米プロゴルフ協会(PGA)および、PGAツアーのトップが否定した。

カリフォルニア州は4日に非常事態宣言が出され、南部のパームスプリングス近郊でのテニスの男女共同大会「BNPパリバ・オープン」の中止が8日に発表された。「全米プロ」に関するフロリダへの開催地変更は9日までに一部海外メディアが報道。PGAは声明で「レポートは誤っている。現時点ではその件に関する話し合いは行われていない。私たちは急速に進行する状況を注視し、サンフランシスコの代表者と密接に連携をとっている」と、予定通りTPCハーディングパークでの実施を明言した。

<< 下に続く >>

TPCソーグラスでは今週、「ザ・プレーヤーズ選手権」が開催される。PGAツアーのジェイ・モナハン・コミッショナーは10日、当地での会見でPGA幹部と連絡を取ったことを明かしながら「彼らはTPCハーディングパークで開催する計画を進めている。現時点ではここで全米プロが行われる計画はない」と同調した。

一方で年間のポイントレース(フェデックスカップポイントレース)を敢行する重要性を強調し、「こういう特異な事態においては、パートナーと互いに協力しなくてはいけない」とも話した。

日米の女子ツアー、欧州ツアーなど各国で大会の延期や中止措置がとられるなか、PGAツアーは依然として政府や自治体、保健機関との連携を密接にしながら、日程変更を行わない姿勢を貫いている。フラッグシップトーナメントである今大会の会場には来場者のため、手指消毒液のタワーを約120個用意。とくに往来の多い17番(パー3)の左サイドには約100mの通路に4つ設置した。

大会は開幕前イベントとして、17番ホールでのコンサートを恒例行事にしている。今年は人気DJデュオのザ・チェインスモーカーズが登場。10日の夕方に予定通り実施し、集まった老若男女を興奮させていた。(フロリダ州ジャクソンビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・プレーヤーズ選手権(中止)




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!