ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/05〜03/08 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

東京五輪への影響は 松山英樹も新型ウイルス感染拡大を心配

2020/03/05 16:09


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 事前情報(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

新型コロナウイルス感染の世界的なひろがりを、松山英樹も心配した。アジア地域に比べて北米では現段階で感染者の数が少なく、PGAツアーも大会の開催スケジュール変更等の措置をとっていないが、7月の「東京オリンピック」開催も危ぶまれる状況を憂慮した。

<< 下に続く >>

松山は1月初旬に日本を発ってから帰国していない。2週前の「WGCメキシコ選手権」を除き、すべての時間を米国で過ごしている。北米では文化の違いもあって、現在もゴルフコースや市街でマスクをしている人を見かけることは、ほぼないと言っていい。その反面、インターネット上で見かけるのは心配なニュースばかり。「大丈夫だという人もいれば、危ないという人もいる。その情報のどちらが本当なのか分からない」と不安ばかりが募る状況だ。

米女子ツアーはシーズン序盤のアジアシリーズ3試合を取りやめ、国内女子ツアーも現段階で2試合が中止となり、開幕のめどが立っていない。世界ランキングポイント加算対象試合が減少し、「東京オリンピック」日本女子代表の争いが停滞していることも知っている。

「こればかりは仕方のないことだけど、上位にいる選手は…。(畑岡)奈紗ちゃんはこっち(米本土で再開する米ツアー)でやっているけれど、あとのふたり(渋野日向子鈴木愛)はどうなのかな、歯がゆい気持ちで見ているのでは」と思いやった。

ここへきて、オリンピックそのものの開催の是非を問う声も大きくなっている。日本男子のエースも「やっていいのか悪いのか、分からないですよね、それは…」と複雑な心境を口にした。

5日(木)開幕の「アーノルド・パーマー招待」に出場する。「自分が良いプレーをして、何か励みになればなとは思う。まずは自分が(病気に)かからないようにするのが一番ですけど」。日本国内ではゴルフのみならず、スポーツ界全体に元気がない。海の向こうからの良いニュースは、普段以上に喜ばれるかもしれない。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!